空ノウタ


<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧



教育と教師

「教育」が大事だ!! といっても、「教育」自体の概念はとても大きく抽象的だと思う。

一般的に、「教育」といわれると、「学校教育」が思われることが多い
実際、今国際社会で進められている「Education For All」 (万人に教育を)でも、
結局語られている部分としては、
小学校や中等教育への就学率、大学等の高等教育機関への進学率等々
「学校」について、語られる部分は多い。

ま、私自身、その、「教育=学校」という考え方自体に、とっても疑問があるんだけど、
それは、ここではおいておくとして、、、

その、「学校教育」について語られるとき、その主役はなんと言っても教師である。
もちろん、生徒や児童同士で触発しあっていることもたくさんあるんだけど、
「人生の先輩」として、「学問を修めた先輩」として、教育を行っているのは、教師である。

たとえ、発展途上国のように、学校という施設が整っていなくても、
教科書が全員に行き渡っていなくても、一クラスに、60人も生徒が集まっていても、
一人の「教師」がいれば、教育は行われる。

             とは、限らないのが現状です。

教師自身が、学校をサボったり、学習内容を理解していなかったり、
休み時間から戻らなかったり、体罰をしちゃったり、生徒を差別したり、、、、
そこには、まだまだ、鬱積する課題が沢山。
でも、だからこそ、「どのような研修を行ったら、教師たちが伸びていくのだろうか??」 
にも、私の関心はあるのですが・・・。

ということで、教育学部の図書館から「教員文化の社会学的研究」って本を借りてみました。

この研究の目的は、教員たちの世界の背後にあって、教員たちの行動パターンに影響を与えている「教員文化」があるのではないか、として、その内容を明らかにしようとしています。

この「教員文化」という考え方自体が、抽象的で難しいのですが、、、、

その中で、私の中で、びっくりするようなフレーズがありました。
このインターネット上に、それを引用することはできないけれど、大体をまとめると

教師は、
学校又は教室の中で、ディシプリン(しつけ・訓練)を効果的に行うことを求められている。

それは、なぜかというと、

子ども達は、必ずしも学習を好んでいなく、その好まないことを学校の中で指導するためには
教員の特別の権威を使うこと、子どもたちを統制することは避けられない 

だそうです。

この文章を読んで、どう思いますか??

この文章の背景には、ひとつの仮定というか、その人の考え方・価値観が存在しています。
それが、私には、まったく同感できないのです。

それは、「子どもたちは必ずしも学習を好んでいない」ということです。
この、「必ずしも」っていう言葉で全否定は避けられているものの、
本当に、全員の子どもは、学習を好んでいないのでしょうか??

「学習を好まない子ども」 がいた場合、その原因は、どこにあるのでしょうか??

それは、もうすでに、小学校に上がることには形成されているのかもしれませんが・・・
その辺を、もっと突き詰めたいなぁと思う、と同時に、
このテーマは、たぶん、修士論文等々でやるのではなく、もっと長い目で見て、実践的に見てみたいなぁとも思うのです。

あ、なんだかまとまらなかった。
明日も一日ガンバローー
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-30 22:36 | ひとりごと


日本に帰ってきて感じたこと

こんにちは。 名古屋は、(日本は!?)タイに比べて、本当に寒いです。

昨日、先日卒業された先輩といろんな話をしました。
この方は、大学院の間に休学をして協力隊に参加し、その後、バンコクでインターンにも参加しています。
そう、私はこの先輩の後に、インターンに参加したのです。

先輩も、これから博士課程に進学するということで、いろいろ聞いてきました。
いろいろ学ぶところが多かったのですが、その中でも印象に残ったのは「書く」ということ。

ひとつの文献を読んだら、いったい何がポイントだったのか、内容や要点をまとめて書く。
自分の考えていることを、ちゃんと文章にすることの大事さを語ってくれました。
修士論文も、その積み重ねだよって教えてくれました。
確かに、どんなに考えていても、自分でちゃんと文章にできないと、誰にも伝わらない。
でも、書くといっても、生みの苦しみがあるそうです・・・。
そんな話を聞いて、私も、ちゃんと毎日書くことに挑戦しようと決意しました。
ブログもひとつ、自分の挑戦の場にしようかなと思っています。

で、まず、日本に帰ってきて感じたこと、印象に残った出来事が2つあるのですが、
長くなるので一つ目について書きます。

一つ目は、スーパーで泣き叫ぶ子ども達、
二つ目は、人身事故で電車が止まった後の、地下鉄の駅で聞いた、若者達の会話です。

では、泣き叫ぶ子ども達について。。。

東京から実家に帰ってきて、母親とスーパーに買出しに行きました。
そこは、実家の近く、つまり田舎の田舎です。
スーパーに入ると、子どもの泣き叫ぶ声が聞こえました。
子どもは、買い物カートに乗せられたまま。
若い両親からは、「泣いちゃだめ!!」という、お叱りの声。でも、泣き止まず。。。。
そのまま、レジのほうに進んでいきました。

名古屋に戻ってきて、八事駅に連結しているスーパーに行ったときも、泣き叫ぶ声が。
この、泣き叫び方が、尋常じゃないのです。ヒステリックな感じ。
周りのお客さんもびっくりしているのですが、近づけず。私も、近づけず。
ここでも、母親が「泣いちゃだめ!!」と怒っているのですが、ハンカチで顔を拭けば拭くほど、
その泣き声は大きくなるばかり。
結局、その母親は店の外に移動していきました。

とても短期間の間に、そんな情景に2回も遭遇する中で、いろいろ感じることがありました。
家庭での子育てって言うのは、なかなか目立たないけれど、確実に積み重ねられていて、
このまま、この親達が赤ちゃんのあやし方を知らないまま、
怒り続けるまま、子ども達が育ってしまったら、
いったい、どうなってしまうんだろうということ。
子育てって、教育って、目に見えないけれど、確実に子ども達に影響を与え続けているから。

もうひとつは、この情景、これまで、見たことあったかなという、単純な疑問です。
もちろん、公共の場所で、赤ちゃんが泣いている場面に遭遇することは、何回もあります。
赤ちゃんは、泣くことがひとつの仕事のようなものだし、外に出れば、刺激的な環境があるからです。
でも、彼らは、泣いているんじゃなくて、ヒステリックに泣き叫んでいるのです。
周りの雰囲気が、変わってしまうくらい・・・。
こんな、状況は、やっぱり何回も見ることはなかったように思います。

偶然といえば、偶然かもしれないけれど、
やっぱり、時代の中の何かが変化してきているように感じます。

もちろん、社会も、時代も、人間も、時間とともに変化しているんだけど、、、
その変化を、客観的に評価していくのが、研究という作業なんじゃないかなと思いました。

といって、私はこのテーマを選択するわけじゃないんだけどねーー
つれづれなるままに、私が日本で感じたことでした。
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-29 19:50 | ひとりごと


日本に帰ってきました☆

お久しぶりです!!

日本に無事に帰ってきましたーーー。
19日に成田について、昨日23日に名古屋のアパートにつきました。
まだ、荷物整理が終わらず・・・
弟のところにも、実家にも、たくさんの忘れ物をしてしましました・・・

日本は、思っていたより寒くって、ぶるぶる震えています。
でも、そのおかげで、今日、数か月ぶりのスカートとブーツをはきました(笑)

前回、グアテマラから帰国した時は、「日本人て細くて折れそう」という街角の感想でしたが、
今回は、「日本人って、なんて色が白いんだろう・・・」というのが感想です。
一応、「思ったよりも焼けていない」というコメントをもらいましたが、
これから、おたく研究・勉強生活を頑張って、目指せ美白です!!

昨日は、静岡から名古屋に荷物を運んで、その後、市役所、税務署、教員登録、会合と、
歩き回りました。
気持は本当にすっきりしていて、これから、やるしかないという気持ちです。
タイで、悩んだ分だけ、自分と向き合った分だけ、苦しかった分だけ、すっきりしています。
大学に行って、恩師たちといろいろ話をして、課題、「何が」大事なのかも見えてきました。

一つ一つ、やることと課題を明確にしながら、一歩づつ進んで行こうと思います。

今回のインターンシップ・旅行では、本当にたくさんのことを学び、考えることができました。
一番は、進路をこれだけ悩めた事です。
それぞれ、みんな、悩みながら自分の人生を一生懸命生きていて、
私も、自分の人生、いろいろ考えることができました。

とにかく、いろんな情報を集めながら、自分にとって、一番の進路をつかめるように、
努力を続けていこうと思います。

ではではーーー
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-24 17:57 | 近況


ホーチミンから

昨日の夜、ホーチミンに着きました!!

ベトナム縦断。 うーん。大きかったです。
ほとんど、バスに乗っていた感じ。
でも、グアテマラ時代にバスに乗る訓練を受けていたのでへーきです。
こう、体力勝負な旅行は、やっぱり、若いときじゃないときついですねーー

昨日の夜は、カンボジア時代にお世話になった先輩とご飯を食べました。
昔の話から、今の話まで、いろんな話で盛り上がりました!!
やっぱり、いいものですねーー 再会って!!
今日も、カンボジアの友達ご一家が、ホーチミンに来ているということなので、
会いに行ってきます!!

そして、明日からプノンペンです。
ちょっと緊張するけど、駆け足な3日間になる予定なので、
まずは楽しんでこようと思います☆
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-13 14:24 | 旅行


初ハノイ

いよいよ、ベトナムに一人でやってきましたーーー

金曜日の夜は、インド旅行仲間の方に送別会をしていただき、
その後、かえって荷物を最後詰めて、インターンの友達のところに運び、
その後、3時くらいまで部屋の掃除をして、シャワーを浴びていました。

土曜日の朝は、6時に起きて、なんとか全部しゅうりょう!!無事に出発しました。

でも、なんだか、のどの調子がおかしくて・・・
ハノイが、想像していたよりも寒かったので、かなり用心して栄養と休養とっています。
ハノイはとてもいいところだけど、バイクと歩きタバコが多いので、空気が悪くって・・
変に見えたとしても、マスクが必須です!!


私は、元気です。

よく考えると、5年前も、ホーチミン、一人で行きました。
そのときは2泊だけだったけど、今回、ハノイを歩きながら、いろいろ思い出してきました・・・

ハノイは、想像していたよりも小さな町で、歩けます。

今は旧市街のほうにいるんだけど、
小さなお店やカフェがたくさんあって、
もちろんべトナムらしいお店もたくさんあって、
いたるところで、みんな座って、食べたり飲んだりしています。

子どもがたくさん遊んでいて、
そんな様子が見れるのも、この町のいいところなのかなぁ。

いろいろ感じたことをちゃんと、今回は残していこうと思います。(あ、まずはメモですけど)

つぎ、いつブログかけるかわからないけど、
とにかく、私は元気です!!
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-08 16:04 | 旅行


別れの季節に。

今日は、5日木曜日。
明日は、6日金曜日。

明日で、仕事を終えて、土曜日からはベトナムへ。
あ、荷物まとめなきゃ。

この4ヵ月半で、沢山の人と出会い、再会し、 そして、これから別れる。
正直、日本行きのチケットを買ったときは、手にしたときは嬉しかった。
本当に貴重な経験ができたと思う。

昨日、南アジアのレポートのチェックが終わった。 同僚に、
「もう、飲んで、騒いで、明日の午前中は事務所に来なくていいよ」 と言われた。
そうよね、ま、無給な身分なのだから、拘束されているわけじゃない。
でも、律儀に来てしまった。遅くに来たけど。 ネットがアパートつながってないからかな。

友達に、「寂しい? 嬉しい?」 と聞かれた。 
「両方」 って答えた。 
それが本当の気持ちだから。
だんだん、ここにいる時間が少なくなっていく。

こうやって、出会いと別れを繰り返していくと、たまに、どうやって気持ちを処理していいのか
わからなくなるときがある。
思えば、協力隊から帰ってきて、半年間小学校で働いて、大学院に入って、半年後にタイに来た。
半年ごとに、出会いと別れを繰り返してきた。
こんな短い期間でいろんな場所に行って、そこに適応すると言うのは、やっぱり体力と精神力がいる。
特に、別れの季節には、精神力がいる。
別れの時期は、特に、「あぁ、もう、この時間は二度と戻ってこないんだ」って、強く感じる。
みんな、みーんな、同じように、二度と戻ってこない時間をすごしているはずなのにね。
今日と言う日は、二度と来ない。

人間って、バカだから、失わないとわからないことが沢山ある。
手の小指、怪我して、始めて、意味があったとわかる。
人と別れて、その存在の大きさに気づく。自分の中の寂しいという気持ちに気づく。

人は、大人になればなるほど、そんな自分のバカさに気づくから、
何も遣り残さないように!! って、一生懸命になる。
マンゴーも、マンゴスチンも、日本に帰ったら、そんなに沢山 食べられない。
タイマッサージだって、日本に帰ったら、行けなくなる。

でも、最近は、そんな、やり残しちゃいけないこと、あまり、考えすぎないようにしている。
流れに任せている感じ。

もし、日本に帰っても、新しい場所に行っても、そこでしかできないことがあり、
食べられないものがあり、出会えない人がいる。
だから、あの時、こうしておけばよかった!!
って思うより、今、目の前のことを大事にしたほうがいいから。

でも、人との出会いには、代わりは、ない気がするんだよね。
その人には、その人、それぞれのよさがある。
たとえ、新しい場所に行っても、その人と同じ人はいない。
もう会えなくなる人がいるかもしれない。
もちろん、またどこかで出会えるように努力はするけれど、その時は、今の自分じゃない。
自分の気持ちに本当に素直になるというのは、勇気がいる。
そんなこと考えると、やっぱり、別れの季節はちょっと、寂しい。
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-05 18:01 | 近況


最後の日々

みなさま

お元気でしょうか??
インド紀行、続いていない・・・・ 許してください

日本へ帰国する日が決まりました。 3月19日です。 
朝8時半に飛び立って、台湾を経由して、成田に着きます。

今日から3月。 気持ちを切り替えて、一日・一日大事にすごそうと思います。
個人的に挨拶のメールができていなくて本当にすみません・・・
私は、とにかく元気です!!

3月の日程は

6日 インターン最後の日
7日 BKK-ハノイ
8日 ハノイ近郊観光  夜行バスでフエに移動
9日 フエ観光
10日 ホイアンに移動
11日 ホイアン観光  夜行バスでニャチャンへ
12日 ニャチャンからホーチミンへ移動
13日 ホーチミン 先輩に会います!!
14日 プノンペンへ
15日 プノンペン、旧友と再会
16日 教育会議
17日 バンコクへフライト
18日 最後の事務所訪問、バンコク満喫
19日 日本帰国

21日 大学へ行けたらいいな

3月23日ごろ 名古屋へお引越し

25日 卒業式、先輩を送り出し
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-01 15:21 | 近況

    

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧