空ノウタ


<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧



夢の中に住んでる人。

なんだか、ブログの内容と現在の状況が時間的にあってないけど、ま、いいよね?

2泊3日の村体験の後、いろんな事が起きた。色んな心境になった。
もちろん、この国で、いや、人生の中でいろんな事が起きるのは当たり前なんだけど。

村から帰ってから、いろんな事を考え始めるようになった。
一番は、私は、この国で何を見ているんだろう?
何をわかっているんだろう?
そして、本当のグアテマラ人の友達はいるのだろうか?と言うこと。

村で、まきを拾う体験をしたこと。
ゴミ箱(ゴミ回収システム)がないということを、初めて実感したこと。
なんだか、自分が授業や講習会で話してきたことが、理想論に過ぎなかったのでは?
と思うようになってきた。
決して、贅沢な生活はしていないけど、
グアテマラ人と全く同じ生活か?と言えば、そんなことはない。
もう、グアテマラの習慣や、文化をある程度理解したつもりだったけど、
やっぱり、日本人の頭をしていると感じるようになった。

そして、本当に信頼できるグアテマラ人の友達を、ソロラに私は持っているのか??
と思い始めた。
村での先輩の活動が、人間関係が、ものすごく温かく感じたから。

もちろん、職場の同僚、ホームステイ先の家族、挨拶をする顔見知りの人はいる。
でも、ホームステイ先の家族は、4月にもめてから一定の距離を保っているし、
本当に、心から信頼している人がいるのか・・・・。と言えば、正直自信がない。

そんなことを考え始めた4日・火曜日、ある人に会った。

それは、湖岸のサン・マルコス村に住んでいるアメリカ人の女性。
以前の日記にも書いたけど、この人はペットボトルにプラスチックを詰めて、
家を作るという活動をしている。

この人のキャラクターが全くもって強くて、私たちがペットボトルを集めることが、
当たり前の義務だと思っている。
私たちには、私達の活動もあるのに・・・。

でも、ブログにも書いたように、私はこの家を作ることに心から賛成できないでいた。
耐久性の問題と、コスタリカの友達が指摘してくれた、50年後の問題だ。
その通り、50年後、100年後には、その壊れた家からは大量のごみが出て、
結局、湖を汚すことになるのだ。
今、一生懸命ボトルを買って、お菓子を買って、ごみを詰めるよりも、
もっと大事なことがあるのではないか????と思うのだ。

だから、私もカウンターパートも、コミュニケーションを避けていた。
正確には、忙しかったのでこちらから連絡する余裕もなかったのだ。

その人に、会ってしまった。
ここから、その時の会話をそのままのっけてみたい。

アメ人「あら!!元気にしてた?あなた達から全く連絡がないけど、どうしたの??」

私{ 私たちは、私たちの活動で忙しかったのよ。}

「ところで、ボトルは集まった?いつ持ってくるの??」

{私たちは、まだ、そのプロジェクトに協力するか悩んでるの。だって、ボトルが集まっても、どうやって村まで運ぶの?誰が、船のお金を出すの?}

「そんなの、どうにかなるわよ。なんで、協力しないの?」

{それに、その家は、50年後にどうなるの??結局家が壊れて、みんな湖を汚染するよ。50年後、私はここにはいないと思うし、あなたも生きてはいないでしょ?そしたら、誰がそのごみの責任を取るの??私は、その責任を取れないから、教師や子ども達に推薦することなんてできない。}

「あはは~~。そんなの、全部、湖に流れていくわーー」

・・・ 私たち、唖然 ・・・・・

「そんな、責任、責任って言うけど、今、道に落ちているごみは今も湖に流れ込んでいるのよ。それなら、今、湖に流れ込んでいるごみは、あなたが責任を取ってくれるのね。それに、50年後なら、きっとテクノロジーが発達して、どうにかしてくれるわよ。」

{そんなの、無責任で、私には勧められないわ。それに、ボトルを集めるとなると、そのために、沢山物を買ったりする人が増えるでしょ。それは、かえってごみを増やすことになってよくないよ。}

「じゃあ、住民には、なんて言うの?」

{例えば、ごみが増えたら、結局最後には税金の値段が上がるから、ごみを減らしたほうがいいとか、そう言った方がいいと思う。}

「ふん。(鼻で笑う)あなたは、夢の世界に住んでいるわ。村で税金を払っている人なんて、一人もいないのよ。そんなの、現実的じゃないわ。あなたは、村に住んでいないから、何もわかっていないのよ。私は、毎日、湖が汚染されているのを見ているわ。理想ばかりで、そんなの、何も通じないわ。」

もう、後は、何がなんだか覚えていない。 そして、別れた。

自分の頭では、自分が考えていたこと、言ったことは正しいと思っている。

でも、先輩の村から帰った後だけに、自分に自信がなかった。
私は、本当に、グアテマラの本当の状況なんて、わかってないんだと思う。
でも、それをあんなにはっきりと言われると、やっぱりこたえる。

自分が、一年一生懸命やってきたことも、正しかったのか自信がなくなってくる。
その週末、隊員での教育分科会でこのことを話したとき、みんながいろんな意見をくれた。

ある同期隊員に「ま、夢の中に住んでるって言うのは、ある意味間違ってないね。」
と冗談を言われたこともあったが、(もしかして、冗談ではない??)
私は、正直、村でのごみ問題に、「これが答えだ」と自信を持って言える解決策を、
まだ持っていないのだ。

日本なら、リサイクルのことを教えて分別を教えれば、回収して本当にリサイクルしてくれる。
でも、ここで聞く、リサイクルと言う言葉は、まだ現実味を帯びていないのだ。全く。

なんだか、自分の根っこにあったものが、少しずつ揺らいできている。
でも、それが、グアテマラに来て一年経ったことの成長の証なのかもしれない。
(悩んでいるときは、そんな風に思えなかったけど。)
[PR]
by fujika0316 | 2006-07-18 07:30 | 近況


エプロンの中の辞書

時間が空きましたが、村での2日目を紹介したいと思います。

2日目、この地域の湖、アヤルサ湖に行く日。
朝、先輩のうちに集合して、車を待つ。
みなで、前夜のホームステイの話で盛り上がる。
始まる前は、村でのホームステイに不安な気持ちが大きかったけど、
いざ終わってみると、とてもいい経験だったと思う。

そして、グアテマラタイムで出発。
ピックアップトラックの荷台で、わいわい移動。冗談も飛び交う。
揺られること約40分で、湖に到着。

最後、坂を降りていくんだけど、そこから見る景色はとても美しかった。

b0091346_6482415.jpg


そして、湖に到着。
そこで子ども達と遊んだり、水に入ったり、のんびり話をしたり。
マイナスイオンに癒されました。
そして、村人たちが、この湖にまつわる話や、簡単な歴史を話してくれる。
先輩が持っている資料も、回し読み。なんだか、日本昔話みたいで面白かった

そしてお昼ご飯。
メニューは、アヤルサ湖の魚を使った、スープ。
先輩のうちのお母さんとお父さんが、一生懸命料理してくれた。
味は、だしがとても出ていておいしかった。

b0091346_6563788.jpg

食後のまったりした時間
何気ない瞬間が、美しく感じる










b0091346_703822.jpg





ゆっくり休憩した後は、
みなで散策。
湖岸に沿って、
ずーーーと歩いていく
途中で、
赤ちゃんがいる馬に遭遇
みんなでわいわい散歩するのは、気持ちが落ち着く。


散歩の後は、村へ。
その途中で、丘に登ることになった。

b0091346_731864.jpg

途中でも、すごくきれいな景色だったから、
「もうこの辺でいいよ。」
って何度も思ったけど、たどり着いてみると、
そこに行かないとわからない
不思議な気持ちになっている自分がいる。





b0091346_7394738.jpg







ちょっと青春くさくて、笑える


そして、村に帰った後は、
4つのコースに分かれて自然体験。

水・・・村人が大好きな水浴びの場所へ
農業・・村人の畑や、農業をしている様子を見に行く
動物・・村人が飼っている動物の様子を見に行く
森・・・村人と一緒に、薪拾い体験

私は、なぜか、避けたいと思っていた森コースを選んでいた。
巻き拾いというと、道で、あの大量の薪を運んでいる人のイメージが大きすぎて、
ここまできて、重たい思いは嫌だなぁ・・・
と思っていたのに・・・。
なぜか、森コースを選んでいた。  あまのじゃく??

このコースは一人だったので、連れて行ってくれるおばちゃんの家に一人残る。
すると、娘と思われるおばちゃんが出てきて、早速おやつを頂いた。
なんだか、ほうれん草のような野菜をいためたもので、おいしかった。

そして、近所のおばちゃんや子ども達も一緒に、約8人で出発。
庭を抜け、森を抜け、川を渡り、柵をくぐり、コーヒー畑を抜け、
たどり着いたのは、トウモロコシ畑。
まだまだ、苗は小さい。

そこに、なぜか、木の山があってそこから枝を抜きとる。
そして運びやすいように、でっかいなたで切るんだけど、これが大変なんだな。

b0091346_7125021.jpg


おばちゃんたちは慣れたもので、5回で切れるけど、
私は、10回、20回とたたきつけても、なかなか切れない。
そして、切った枝をくくり、頭に乗っけるのだけど、
この塊が、本当に重いんだな。
「私もやる」って言ったんだけど、危ないからやめたほうがいいって・・。
結局、あまり役に立っていなかった。
頭で考えたり想像したりするのと、実際にやるのは全く違うもので、
やっぱり、実際に経験しないと、何もわからないって言うことを痛感した。

他のおばちゃんは、落ちている枝を一生懸命拾っている。
これまでは、薪取りと言うと、「木を切る悪い行為だ」って思ってたけど、
実際はそうじゃない。
森の中で、もう、役に立たなくなった枝をきれいにするものだった。

もちろん、人口が増えすぎると、落ちている分じゃ足りなくなって、生きている木を切るようになるかもしれない。
でも、一概に「薪を取るな」とは言えないんだってことを実感した。

b0091346_7164953.jpg


帰り道。
行きも通ってきた川で、皆が水浴びを始める。
おばちゃんたちも、あららと言う格好で泳ぎ始める。
そして、しまいには飛込みまで。
この村は水道が通っておらず、皆、水汲みをして生活をしているので、
シャワーを毎日浴びることはできない。
だから、皆、水浴びが大好きなのだ。

その間、一番大きいおばちゃんと、少し離れた場所で座っておしゃべり。

そのおばちゃんが、エプロンから取り出したものは・・・
古びたスペイン語の辞書だった。
ここに、単語が書いてあって、こうやって読むのよ。
こうやって、スペイン語を勉強するのよ。
と、優しく教えてくれる。

b0091346_728576.jpg

もちろん、
辞書の読み方なんてわかっているのだけど、
この優しさの前では、
うんと言うしかない。






b0091346_7185651.jpg






最後には「あなたがスペイン語を勉強するために、この辞書をあげる。」と。

すごく胸が熱くなった。

おばちゃんのエプロンから、辞書が出てきたことにも・・・
辞書をあげると言ってくれたことにも・・・
夕日に照らされながら川ではしゃぐ、みんなの笑顔にも・・・

私は、そのおばちゃんが大事にしている“ぼろぼろの辞書”は、
やっぱりおばちゃんの物であってほしいと思って、
ありがとうと断った。
でも、その優しさは、一生忘れないと思った。

楽しかった薪拾いも、家が近づくにつれて、終わりを迎える。
小さな兄弟がつなぐ小さな手のぬくもりが、
夕日と共に、伝わってくる気がした。

b0091346_7425016.jpg


2泊3日の、村体験。
私に、こんなに温かいプレゼントをくれると思っていなかった。
なんだか、私が忘れていた、思いを、思い出させてくれた。
人の温かさ。つながり。
カンボジアで感じたこと。

ラス・クルシータスの村の皆さん、本当にありがとう。
また、遊びに行くからね・・・
[PR]
by fujika0316 | 2006-07-14 07:46 | グアテマラ


村へ 1

先週末の金曜日(30日)はグアテマラの休日だったので3連休になった。
なので、隊員の環境分科会のみんなとともに、ラス・クルシータスという、先輩が働いている村を訪問してきた。

今回の目的は、「アヤルサ湖のエコツーリズムの可能性を探る」という事。
先輩は村落開発普及員として活動しているんだけど、その村の可能性をもっと広げたいと思って、今回の訪問地に立候補したのだ。

私は、その前日から首都に行って、同期隊員のきぬちゃん家に泊まった。
ご近所の友達も途中で来て、色んな話で盛り上がる。
夜は、久しぶりに旅行の写真を見たり、色んな話をしたりで盛り上がった。

そして、朝、もう一人の同期も合流して早めに出発。
みんなの集合場所が、フティアパと言う町なんだけど、そこにはもう一人の同期が働いているので、お昼ご飯を一緒に食べることに。
行きのバスは、いいバスだったんだけど超満員。
途中まで立ってたんだけど、通路に座ることにした。
そして、、、そこでも眠ってしまった。
たぶん、この、どこでも眠られるのは一生直らない気がする・・・

到着。友達と公園のレストランでお昼ご飯。
今回、友達はホームステイ先が変るんだけど、それまでのいきさつや、近況を聞いた。
やっぱり、その任地で話を聞くと、なんだか感慨深い。
私も、4月にホームステイ先のことでいろいろ悩んだだけに、その葛藤が伝わってきた。
やっぱり、2年間もあると、いろんな事が起きるよね。

そして、新しいお家を訪問。
新しい家族は、職場の同僚の兄弟のお家らしく、とても良くしてもらっているらしい。
やく8ヶ月の赤ちゃんもいて、ベットで寝ていた。
やっぱり、家に子どもや赤ちゃんがいるというのは、明るいし楽しいことだと思う。
この週末に、本格的に引越しをするみたいなんだけど、
これからの生活が、いいものになるといいなって思った。


その後、メンバーが集合して、村へ出発。
その村までは、バスで2時間くらいかかるらしい。
先輩と、カウンターパートのおじさんが来ていた。
そしてみんなでバスに乗り込んで出発。

道はずっと上り坂なんだけど、途中から森の中を走って気持ちよかった。
そして、途中で降りて、馬を見ることに。
ここは、おじさんの知り合いの馬小屋で、そのおじさんは馬の調教をしている。
調教と言っても、ただの調教じゃない。

お馬のダンス だ。

このおじさんは、馬を調教して、音楽に合わせて踊れるようにするのだ。
早速見せてもらったけど、お馬がステップし、ターンし、踊る躍る。

b0091346_751032.jpg


ものすごーーーーく乗りたかったけど、先輩に聞いたら、これは、おじさんの大事な馬だからわからないということ。

でも、おじさんが蔵を準備し始めて、期待も高まる!!
そして、乗せてもらえることになった!!
まずは友達が乗って、その後、私も乗せてもらった。
このお馬が、本当に大きくて感動。いつか、馬を自由に操って走り回りたい!!!!!
まさに、白馬です。
その後、もう一頭で違うダンスも見せてくれた。
まさか、お馬のダンスが見れると思わなかったのでちょっと感動。

そして、今度はピックアップトラックに乗って村まで。
トラックの後ろに乗っていると、バスと違って景色が本当にきれいに見える。
途中まで乗ってたおばさんが笑顔だったから話してみると、日本人の友達がいる、と。
以前まで、協力隊員がいたらしいから、その人のことだろう。
そのおばちゃんの笑顔を見てると、その隊員がいい活動をしていたんだなと思う。

そして、村に到着。
みんなで色んな話をしながら歩いていくと、村人達に出会う。
もちろん、好奇心の眼で見ているんだけど、その眼が優しい。
挨拶もしてくれる。

そして、途中から、子ども達がワーッと来て、私たちの周りにきてくれた。
こんなにたくさんの子ども達が歓迎に来てくれるなんて思わなかった。

とりあえず、お家について少し休憩。
そして、子ども達がダンスの練習をしている。
私と友達も、見よう見まねでそのダンスに参加。
まだ小さいのに、一人前に踊っている子どもを見ると、ちょっと感慨深い。

b0091346_751569.jpg


そして、夜ご飯。タマールと言う、伝統的なご飯と地酒も出た。
それとホームステイ先のくじ引き。
そう。今日はみんなで分かれて、村人のお家にホームステイをする。
私は、先輩と、あるおじさんのお家になった。
このおじさんは、最初無口で気難しそうだったけど、夜家に着くと、いいおじいちゃんだった。

暗闇の中、カフェ畑を歩いていくと、その家に到着。
そして、到着した瞬間、何かが飛びついてきた!!
それが、その家の子どもだった。

これが、かわいくて、可愛くて。
着いたのは、9時半を回っていたんだけど、その子は待っていたらしい。
そして、食堂兼台所で、みんなで色んな話をする。
子ども達が、本当に可愛くて・・・・。
写真もいっぱい取ってしまった。

b0091346_7544731.jpg


この家を何年前に建てたのか。
畑仕事、農業のこと。
子ども、家族のこと。生活のこと。
色んな話を直接聞けて、とても嬉しかった。

そして、夜も遅くなったので寝ることに。
二つベットがあって、部屋も分かれている。
優しい先輩の心遣いで、寒いと困るから小さい部屋で寝ることに。

そこで、トイレに行くことに。
家族の人が案内してくれたんだけど、小屋の中に便器が。
この村は、水が少ないので、もちろんぼっとん便所。
そして、用を足した後、「紙は、どこに捨てるの?」と聞いたら、

「畑」

との答えが。
もちろん、トイレ小屋の後ろには、コーヒー畑が広がっている。
そう、ここには、ゴミ回収システムなんてないのだ。

紙は、いずれ自然に帰るけど、プラスチックは?ビニールは??
と思うと、いろいろと考えてしまう。
なんだかんだ言って、私は、ソロラ県の県庁所在地に住んでいただのだ。

その後は、おやすみ。
ソロラよりは寒くなかったけど、ダニに咬まれるのが心配で・・・。


次の日の朝、やっぱり咬まれていて、ちょっとショック。
そして、起きて、ふとベットを見たら、大きな蜘蛛が・・・・・・

恐ろしい・・・。見なかったことにした。

でも、家族の温かな歓迎に、本当に楽しい夜を過ごすことができた。
ちなみに、先輩のベットの下には、なんと、アヒルがいたらしい(笑)
がたごと物音がして、なかなか寝付けなかったと。

先輩、ごめんなさい。そしてありがとうございます。
[PR]
by fujika0316 | 2006-07-06 07:39 | グアテマラ

    

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧