空ノウタ


カテゴリ:UNESCO Bangkok( 8 )



新しいインターン

今週の月曜日、オーストラリアから、新しいインターンの女の子が来た。
彼女は中華系のオーストラリア人で、パートナーはカルチャーユニットのインターン。
朝、隣のユニットの子が連れてきて、誰だろう??と思ったら、その子だった。
彼女はオーストラリアの援助機関に派遣されて、サモアで一年間働いていたらしい。
その時に、Education for All の仕事をしていて、面白いと思ったので、
大学院に入り、インターンに来たのです。

新しいインターン仲間が増えて、とってもうれしいです。
すごくいい人で、穏やかな感じで、ネイティブ(当たり前か)。
残りの2ヶ月、もっと、もっと、英語をがんばろうと思います!!
やっぱり、ネイティブの英語になると聞き取れないんだよね・・・。

そしてお昼はユニットのみんなで近所の中華料理屋へ。
そう、これまで出張に行っていた人や、まだ休暇をとっていた人も、
年始明け、初めてほとんどの人がそろったのでした!!
休暇の話から、上司による、彼女へのオリエンテーション等々、
いろんな話題が出ました。

仕事も、先週は上司がいなかったので、高等教育についてのんびり調べていたけど、
今週からは、いろいろやることが増えました。
報告書のチェックから、国の統計アンケートのチェックまで。
大変だけど、残り2ヶ月だと思うと、とにかく自分のできることを精一杯やるしかない☆
カレンダーを見ると、本当にあっという間にこの2ヶ月が終わってしまうと思われます。

最後、いろんなイベントも待ち受けているので、全部楽しんで、元気になって、
日本に帰って残り一年がんばれるように、パワーを貯めようと思います!!
[PR]
by fujika0316 | 2009-01-15 19:44 | UNESCO Bangkok


お別れ会。

金曜日の夜は、お別れ会がありました。
近所のユニットでインターンをしていた中国人の女の子が、
2ヶ月の期間を終えて、中国・上海に帰りました。
彼女は、同じアパートの違う階に住んでいたので、何回かご飯を食べたり、
映画を見に行ったりしました。

さて、問題です。
今回のお別れ会はどこで行ったでしょうか??


正解は、スターバックスです。
まぁ、なんて、地味というか、おしゃれ?というか???
レストランで食事とかじゃないの?? と思った方、考えてください!!


ここからが本当の問題です。
なぜ、スターバックスで行ったのでしょうか??
理由は二つあります。


正解は、
一つ目は、5人のうち、3人がイスラム教徒のメンバーなので、お酒は飲めないし、
肉料理(豚だけじゃなくて、チキンや牛も食べたがらない人もいる)も食べられないのです。
コーヒーなら、みんな飲めます。

そして、2つ目の答えは、
送られる彼女がみんなを招待しないといけないから、食事よりもコーヒーのほうが安いのです。
招待するって言うことは、ご馳走するっていうことですね。
これは、いったい何の習慣なのかはわかりませんが、気がついたときにはそうなってました。
ちなみに彼女と同じユニットで働いているインドネシア人は、
来週が誕生日なので、自分でアイスのケーキを買ってきて、みんなに振舞っていました。
インドネシアでは、自分の誕生日は、自分がみんなを招待するそうです。

ということで、私、中国人、インド人、フィリピン人、インドネシア人の5人で行って来ました。
1階でコーヒーを買い、2階に上がる。ちょっと、おしゃれなところです。
そして、始まりの挨拶!!

となったら、中国人の彼女が、中国語で話し出す。
えーーー!!おいおい、と、みんな突っ込んでいたけど、
ま、主役は彼女なので、いいのです。 そしてそのまま、せっかくだから、それぞれが母国語で、彼女に一言言うことになりました。
ちなみに、インド人も、フィリピン人も、インドネシア人も、3言語以上話せるらしい。
だから、話すときに、みんな、「どの言語がいい??」 って聞くんだけど、
私たちにしてみれば、みんな一緒です。 わかりません。

ま、でも、全くわからないんだけど、聞いてて面白かったよ。
そして、私の番。近くに日本人の駐妻グループがいたので、スペイン語でいい??
って許可を取ってから話したんだけど、出てこない。出てこない。
面白いほど口から話は出てこないわ、英語の単語と間違えるわで、
私自身が、一番ショックでした。
英語に慣れてきた分、確実にスペイン語が出てこなくなっている。。。まずいですね。
その後、結局日本語でもいいました。

その後は、この「単語」なんて書くの?なんていうの?? って話題で盛り上がる。
例えば、平和。英語だとPeace, 日本語だと平和、中国語だと和平とかね、、、
色んな言語があっておもしろかったよ。

そんなこんなで、ミニお別れ会は終わりました。
なんか、この、素朴な感じも楽しかったよ。

月日がたつのはとっても早いので、私も後であせらないように、
毎日がんばろうと思います。
[PR]
by fujika0316 | 2008-12-15 11:00 | UNESCO Bangkok


昔の話1

しばらく、ブログがご無沙汰になってしまったので、思い出話を書こうと思います。

11月10日から12日まで、Work shopがありました。
私が今働いているのは、AIMSといって、
Assessment, Information Systems, Mornitoring and Statistics
というところで、カナダにあるUIS (UNESCO Institute for Statistics)
という、教育統計を専門にしている組織があって、そことアジア地域の中継役をしている。
それで、今回は、UISからファシリテーターが来て、アジア太平洋地域から集まったたくさんの参加者に対して、講習会を行った。
今、Education for All (万人に教育を,日本語だと、ちょっと不思議) という動きがあって、
世界的に就学率を上げたり、成人の識字率や教育の質を上げる活動をしている。

そのなかで、どのくらい活動が進んでいるのか、効果があったのかを図るには、
いろんな指標に対するデータを集めないとならない。
指標には、就学率とか、学齢期の児童数に対する就学率とか、識字率とか、
一人の先生に対して、生徒数は何人になるのか?とかいったものがある。
それらのデータを国ごとに集めて、UNESCOは毎年報告書を出している。
その、データを集めたり、データ自身をどうしたら発展させられるかを考えるのが、
このUnitの仕事。
この、Education for All というのは、1990年に始まり、今は2015年を目指している。
それで、2005年にひとつ大きな区切りを迎えたので、今はその報告書の発行で忙しい。

でも、もちろんそこにもいろいろ問題がある。
その一つが、各国の教育データがなかなか集まらないということだ。
何人の子どもが実際に学んでいるのか、何人の児童が中途退学をして、
何%の割合で、中学校に進み、大学まで学んでいるのか?
男子と女子の割合は?  等々、数え上げればきりがないほど指標がある。
そして、そのデータを持っていない(報告できない)国がたくさんある。

それぞれのデータは、UISのホームページから閲覧できるんだけど、
確かに、出ていないデータがたくさんある。

それぞれのデータを、どう考えるのかというのが分析なんだけど、
その分析をする前に、データがなければ、何も始まらない。
そのデータを充実させるために、今回のWorkshopがあった。

計25以上の国から、1人か2人の参加者が来ていた。みんな国の省庁で働いている人達。
私が、初めて出会った国の人もたくさんいた。
パプアニューギニア、モルジブ、パキスタン、バングラディッシュ、ラオス、ブータン等々
その、いろんな国の参加者が、時間をかけて仲良くなっていく様子は面白かった。

私が特に印象に残ったのは、
現在の問題点、UISに望むこと。という題でのディスカッション。

そこでは、同じレベルの省庁同士の連携が足りないこと。
県レベルでのWorkshopをやってほしい。
省庁が違うと、情報を提供してもらえない(人口に関するデータ等)。
まだ、国際基準に国のシステムを合わせて分類できてないので、データが出せない。
等々、いろいろありました。

そこで、私が感じたことは、いろいろあるんだけど・・・
同じアジアの国でも、いろんなレベルがあって、いろんな考え方があるし、
その上での共通点もある。
でも、まだ、その国がどうして統計データを集められないのか、
わかっていない人がいるのではないか??
もっと、国レベルのユネスコの職員と連携したらいいのではないか??
等々ということ。

例えば、教育省の役人が、各県に教育統計データを出しなさいと通達を出す。
でも、その通達を受けても、県の教育省事務所はデータを出さない。

この時、国の役人は「県が悪い」と思ってしまうかもしれないんだけど、
本当は、県の役人が、小学校にデータを出せといっているのに、小学校の先生のレベルで、
どのデータが望まれているのか把握できていなかったら、そこから上に上がらない。
もしかしたら、小学校のレベルで、データ自体を管理していないかもしれない。

もしくは、県で各小学校から集まってきたデータを統計できるシステムができていないかもしれない。
県事務所のパソコンが、古くて、エクセルも使えないのかもしれない。

そんな風に、「なぜ、○○国の教育統計データの報告が来ないのか」ということに対する
本質的な答えは、その国によって、地域によって、事情が違うんだと思う。

その辺を、各参加者が本当に客観的に見つめられていたのかはちょっと疑問でした。
そういうのって、どうしたら各人が分析できるようになるんだろうね??

後感じたのは、インドはすごいということ。
   というプロジェクトがあって、そこでは世界で15カ国が選ばれて、
その国で、現在の教育統計データよりもより詳しい統計を出す試みがあった。
そのプロジェクトを中心的にやっていたのがインドの国立教育政策大学というところ。
そこでは、全ての小学校の超詳細なデータを編集した冊子を出していたり、
インドの教育に関する報告書なんかもしっかりと作っていた。

いやいや、この徹底ぶりは本当にすごいと思ったよ。
今回は、そのプロジェクトの中心となっていた先生が発表していたんだけど、
その様子も、また、勢いがあってすごかった。

いやいや、いろんなことを感じた3日間でした。
[PR]
by fujika0316 | 2008-11-25 10:48 | UNESCO Bangkok


もらった仕事

今日は火曜日。
朝から昨日のプレゼンの復習や、他の上司が作った、教育の指標の資料を読んでいた。

すると、きれいで頭が良くて、性格も優しい上司に呼ばれた。

新しい仕事だった。
それは、今度発行される「Mekong Sub-region Synthesis Report」という、
メコン地域(カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム)の取り組みが
まとめてある報告書のチェックです。

もうすでに2回くらいドラフトができているんだけど、それと照らし合わせて、
ちゃんと修正されているか、新しい間違いがないかをチェックするのです。
しかも、全部で何ページだと思う??
なんと、280ページ位あるのです。もちろん、Data Tableや表もちりばめられている。
もちろん、この報告書を作るほうが大変だと思うんだけどね。
いつまでにチェックするの? と聞いたら、「金曜日」でした。
なぜなら、土曜日からワークショップがあるから・・・・

ということで、ま、取り掛かりました。
すると、意外と間違いが出てきます。 
同じ単語が二回出てきたり、データの表の年が間違っていたり・・。

ま、でも、新しい仕事をもらえてよかった。
内容を読みながら勉強にもなるしね。
とにかく、一生懸命がんばろうと思いまーす。
[PR]
by fujika0316 | 2008-11-05 10:14 | UNESCO Bangkok


日本は休日


始まりました。月曜日。 でも、日本は休日だったんですね!!

約9時。先週は出張でいなかった、ミャンマー人の上司Nさんが登場しました。
私の想像では、とても穏やかなおじさんだったんだけど、、、、
登場してから、勢いのある感じで話す、話す。
ちょっと、おじいちゃんになりかけたDirectorとは、雰囲気が違います。
40代、働き盛りってこんな感じなのか。と、素直に思いました。
そして、このインターンについて話をしてくれたんだけど、最初に
「ここに来てくれてありがとう」って言ってくれました。
いやいや、なんだか、その一言が嬉しかったです。
その後、PCがプリンターにもつながり、お昼も食べた後他の同僚と共に呼ばれました。

それは、あるプレゼンを聞くためだった。

今、アフガニスタンと、東チモールの教育省の担当者が来ている。
彼らは、これから自分たちの国の教育の評価・統計を担っていくんだけど、
そのために、統計とは何か、今の国際的な流れ、アンケートのとり方等々を約2週間掛けて学びに来ているのです。

その統計に関するDirectorのプレゼンを一緒に聞きました。

教育の統計、教育の進捗状況、発展状況を計り、評価すると言っても、難しい。
しかも、国を超えて比較をするためには、ある程度の基準も必要。
特に、「教育の質」を計るって言うのが、やっぱり一番難しいと思う。
いろんな話を聞きながら、自分で考えて消化することが必要だと思った。

そしてもう一つ、二人とも真剣に聞いていたこと、うんうんと、うなずいているところが
とても印象的だった。

例えば、

「せめて、二人の子どもに一冊は教科書を」とか、
「教育費を無償にするといっても、他にもいろいろとコストがかかる」とか、
上司のたとえ話に、うんうんと、うなずいているのを見て、
彼らの頭には、母国の教育の現状が色々と浮かんでいるんだなぁと、
勝手に想像したのでした。

私も話を聞きながら、カンボジアやグアテマラで見た子どもや学校の様子が目に浮かんだよ。

1990年から、万人のための教育を ってことで、色んな取り組みが行われている。
それを評価するユニットに入って、その様子を観察する中で、いろいろ教育のことを考えられそうです。
とにかく、4ヶ月は、どっぷりつかろうと思います。
[PR]
by fujika0316 | 2008-11-04 10:33 | UNESCO Bangkok


インターン2日目と初週末

長い一日目が終わって、ついに二日目です。
二日目、午前中はインドネシアのMid Decade Assessment を読んでいました。
そうこうしているうちに、アフガニスタンの教育省から派遣された人が到着。
上司と長いこと話をしていました。
そして、お昼の時間。みんなで食堂に行きました。
私が大学にもアフガニスタンの学生がいるよ。って話をしたら、上司が平和構築と紛争の原因について、いろいろ語ってくれました。

そして、午後は同僚が作っている、一目でわかるEFAの進捗マップカード(東南アジア版)
があって、そのデータが元と合っているか、間違えていないかをチェックする。
という仕事をもらいました。
Global Monitoring Report 2009のドラフトがあって、そこに出ているデータと照らし合わせてチェックです。
この単純作業ならできる!!
ということで、張り切って終わらせました。
すると、途中にも少しずつ間違いを見つけたんだけど、最後のページには3つもずれがありました。きっと、最後は疲れたんだなぁとおもいながら直して報告しました。

夕方は屋台で麺類を食べ、お店でバナナとオレンジを買って、帰って、爆睡。

次の日は初週末です。
というか、2日で週末が来るように出発して本当に良かったって思ったよ。
こんな状態でいきなり一週間は無理でした。
土曜日は一日かけて、家具や床を一通り水拭きし、開けっ放しだったスーツケースを片付け、空いた時間で事務所に行って、ネット+荷物の搬入をしました。
日曜日は大きなスーパーに行って、大買出し。
先輩たちから引きついだ、電気コンロ、ポット、ちょっとした食器があるので、大助かりです。
というか、スーパーには、何でもあります。
そして、疲れたから昼寝をして、
その後、ずっと気になっていたチャイナタウンに行くことに。
この、チャイナタウンの近くには、インドの生地を売っているところもあるらしく、
ちょっと、洗面所のところのカーテンを作りたいので、買出しです。

で、ガイドブックを色々読んで、バスに乗ることにしました。
その番号、 40
いやいや、グアテマラ経験者なら、その番号の響きと恐ろしさを覚えているはず。

R40

西方面のバスが首都に来て、Hiper Paiz?イーペルパイース という大型スーパーで降り、
そして、乗るのがR40。
某事務所からは乗らないように!!
と言われている、バス強盗で有名な路線。

バンコクにもありました。 40が。 Rついてないけどね。
ガイドブックによると、この路線はわが地域の大通りを通り、
チャイナタウンの周辺も通るらしい。
と言うことは、つながっている?? と、予想を立て、
乗り込んでみました。

地図を見ながら、今、どこを通っているか確認。
なんだか、メイン通りばかり通って、向かっているのは、チャイナタウン!!
私の勘は当たっていました!!

はるか昔に泊まった、フアロンポーン駅の前も通り、チャイナタウンへ!!
と、ここまでは良かったものの、もちろんありました。落ちが。

市場は、夕方になると閉まるのです。 道端の食べ物屋台は大繁盛していたけどね。

途中で気付き、今日は、おとなしく帰ろうということになりました。
知らない場所、言語も通じない、一人、てことで、ちょっとづつ不安になってたんだけど、
その帰り道、道端で果物を売っていたおばちゃんがいて、ドラゴンフルーツっていう、
私の大好物を買うことにした。
すると、私が選んだのはちっちゃいのだったんだけど、
おばちゃんが、気前よく、こっちのほうがいいから、こっちにしなさい!!
と、大きいのを持たせてくれた。
そして、「中国人??」 ときかれたので、「日本人だよ」と言ったつもりが、通じず。
指差し会話帳を見せつつ、「日本人だよ」と、もう一回言うと、
「ああ!!日本人ね、 ありがとう」 と言ってくれた。

なんか、そんなおばちゃんにふれて、ちょっと気持ちが安らいだのでした。
[PR]
by fujika0316 | 2008-11-04 06:45 | UNESCO Bangkok


Check it !!


いやいや、私も、AIMSというUnitのメンバーとして、迎えてもらいました!!

私のインターン期間限定の特権です。

下まで スクローーーーール してみてね !!

なんか、リンクの貼り方がわからなかったので、これコピーして、見て下さい。

http://www.unescobkk.org/index.php?id=117
[PR]
by fujika0316 | 2008-10-31 19:48 | UNESCO Bangkok


Hana kin

やってきました。
久しぶりの 花金 です。 花の金曜日。
いや、今日はおとなしくアパートに帰って寝ます。寝たい。
この週末も、部屋の掃除と、読まなきゃいけない資料が沢山・・・・・

大学院に入ってからは、木曜日が一番ハードな日だったので、花金ではなく、花木だったのですが、しばらくは、金曜日のこの開放感を味わえそうです!!

水曜日、17時半成田発のANAに乗って、Bangkokに来てしまいました。
午前中は、私がグアテマラにいたときに、メキシコに留学していた大学の後輩たちと再会。
あのときのメンバーは3人で1セットみたいな感じだったんだけど、3人とも就職を決め、
来年の4月からは社会人です。
みんな、見てないうちにどんどん成長していって、お姉さんもびっくりです。
でも、バンコク出発前に、みんなの元気な姿見れて良かったよ。 

そして、成田へ。
みんなが日本で普通の生活を送っている中、スーツケースを持ってる自分が浮いてる感じがしたけど、成田エクスプレスに乗ったら、もう、そんな人たちでいっぱいでした☆
久しぶりに、一人で乗る飛行機。
OFWで、みんなでタイに行っていて良かった。
でないと、完全に迷子でした。 でも、自動チェックインなるものを体験したんだけど、
この世界も日々進歩してるね。

そして、寝ている間に着いてしまったバンコク。
荷物を待っていると、出てきました。 でも、車輪が一個なーい。
どうやら、壊れちゃったようです。
ということで、空港の事務所で証明書を書いてもらいました。 ま、そんなこともある。

その後、タクシーに乗って中心地へ。
久しぶりのタクシーの交渉。 一人で夜にタクシーに乗ること自体が怖いんだけど、
もう、決めたら乗るしかない。
とにかく、車の中でも、おっちゃんと、いろいろたわいない会話をしていました。

ムエタイの鑑賞チケットは、リングから離れるほど安くなるらしい。 

当たり前か・・・。

そして、事前に予約していたゲストハウスへ 
400B (約1200円) のとこを予約していたんだけど、
シングルがいっぱいになったから、ツインの550B(約1650円)しかないって言われ、
そのわりにはかび臭くて、割に合わないと思ったけど、もう夜中だったので我慢した。
部屋を決めて、コンビに行って買い物して、先輩に電話して、ネットして帰ってきたら、
もう、12時半。
というか、こんな時間まで出歩けること自体が、グアテマラじゃありえないよね。
その後、シャワー浴びて、明日の整理してたら、1時半になっちゃった。 その後暴睡。

次の日は、バンコクの渋滞を避けるため、7時にタクシーに乗って出発することに。
緊張の時間が続きます。

荷物全部もって、ゲストハウスを出たんだけど、タクシーのおっちゃん達が胡散臭い。
事務所までの相場もわかんないから、メーターに乗りたいんだけど、
事務所の大体の場所を説明すると、「パタヤーに行くのか?パタヤーに行くのか?」
の連発。
注: パタヤーは、おかまちゃんたちのショーなどで有名な観光地。
   そんなとこに、女一人で行くかい!! と、心の中で突っ込み

怪しいので、大通りまで出て、メータータクシーをつかまえることに。
こんなとき、スーツケースのロールが三つしかないと、大変ですね。はい。
それでも、なんとか大通りまで出て真っピンクのメータータクシーを捕まえ、乗ると、いきなり曲がる。
「いやいや、この大通りをまっすぐ行くと着くはずなんだけど!!」
事務所の場所を説明したら、一方通行だから!!と言って聞かない。
乗ったタクシーからは簡単に降りられないので、タクシーの運転手に任せることにした。

また、おっちゃんと話していると、最近生まれたばかりの赤ちゃんの写真を見せてくれた。
かわいかった。
家だと、赤ちゃんが良く泣くから、朝早くから仕事しているらしい (笑)
ちなみに、私は22歳くらいに見えるらしい。喜んでいいんだか、悪いんだか。

そして、途中で電話がかかってきた。もちろん、通話しながら運転します。
その様子が怒っている様子だったので、夫婦喧嘩かな?? と思ったら、
タクシーの中古販売の交渉の電話だったらしい。
おっちゃんは、タクシーの中古を買ったり売ったりするのが副業らしい。

そして、やっと、事務所に着きました。 8時。
受付のお姉ちゃんと話していると、まだ、みんなは出勤していないらしい。
ということで、おなかもすいたので朝ごはんを食べに行くことにした。
お姉ちゃんがTake out したご飯を持っていたので、その屋台に行くことに。

そこでは、おばちゃんがご飯を売っていた。
どうやら一家で切り盛りしているみたい。娘も手伝っている。
あぁ、なんだか、いきなりバンコクの日常に入っちゃった。
でも、最後におばちゃんが満面の笑顔で「ありがとう」って言ってくれたから元気が出た。

道を行きかう人々、
満員のバスに乗る人々、 
彼らにとって当たり前の生活も、
私にとっては、これからの新しい生活。ここで、やっていけるかな。
あと、一週間もしたら、私も彼らのように早足で町を歩いて出勤しているのかな。

なんて、ボーっと考えたりしてね

でも、それは、長い一日の始まりに過ぎないのでした。

続きはまた、明日
[PR]
by fujika0316 | 2008-10-31 19:46 | UNESCO Bangkok

    

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧