空ノウタ


カテゴリ:近況( 150 )



これから。

あらあら、もう約2カ月もこちらをほったらかしにしてしまいました・・・。

私は元気にしています。

毎日、中学での仕事と、論文と、家庭教師です。
大分、運転に慣れてきました。

この2カ月の間、運動会と、文化発表会があったよ。
ちなみに文化祭は今日でした☆

運動会では、みんなの元気な姿に、
今日の文化発表会では、いろんな場面を見ることができました。
合唱曲を聴きながら、
あ、ここへも、この生活にも別れが来るんだなぁと思いました。


そうそう、
なんとか、採用試験に合格できました。
来年4月から、神奈川県(横浜・川崎以外)で小学校の教員になれるかなーと思います。

合格発表の日、
ちょうど、そんなときに子どもと話す機会があって、
帰る時間が遅くなってホームページを確認できないでいました。。。

そして、学校を出る前に母親に電話すると、、、
「受かった人、一人しかいないみたい。」 って。

一瞬、は???

ってなったけど、帰るまでドキドキでした。。。

そして、帰って、確認したら、その番号は「小学校」の番号で、
更にそれをクリックすると、沢山の番号が出てきたよ。
そのなかで、自分の番号を見つけた時は、ほっとできました☆

しばらくは、小学校の現場で働きながら、
子どもについて、
教育について、
教師について、

いろいろ、経験を積もうと思います。

目指す教師像はね、
幅の広いというか、受け止める幅が広い人間、
子どもの成長を見守りながら、きちんとつぼを押さえて、働きかける人です。。
子どもがね、安心して「先生に私の頑張り見て欲しい!!」
って思ってもらえるような人です。

教師として!! っていうより、
やっぱり、まず、一人の人間として、人間味あふれる人間になりたいです!!
[PR]
by fujika0316 | 2010-10-29 20:52 | 近況


魔の期間

私が勝手に、魔の期間って、呼んでいるのがある。
それは、教員採用試験の、1次の合格が出てから、2次試験を受ける間。

こう、不安定だよねー。
報告しようにも、2次で落ちたらと思うと、なんか、報告しずらいし、
私の場合は、また、次の進路に迷っているので、不安定なのです。
でも、とりあえず、今年は2次まで受けることができたよーーー

かれこれ、3年前。
協力隊の時に「やっぱり、現場で修行だ!!」
と思って、わざわざ特別任期短縮して、向こうから願書を東京と、京都に出して、
帰ってきて約10日で詰め込んで、3週間、毎週末、東京や京都を往復して、
一次、両方とも受かっていたのに、
この、魔の期間に迷ってしまって、2次、両方とも受けなかったのです。

京都の採用試験のときは、協力隊枠だったから、一緒に受けてたOB女性3人が意気投合し、お好み焼き食べに行ったりして楽しかった。
でも、一次の発表が出て、一人、だめだった時に、
一次受かっているのに、本気になれない自分がだめな気がして、、、、
2次、受ける気が落ちてしまった。

日本で、教員を目指している人たちって、本当に純粋で、まっすぐで、
そんな方々と話していると、自分が、悪い子な気になってしまう(笑)

そして今年、7月11日に神奈川県の一次試験受けて、7月26日に合格がわかったんだけど、
魔の期間が過ぎるまでは、おとなしくしていました。
そして、8月12日、23日と、とにかく、受けることは受けきったよーー

後は、野となれ、山となれです。はい。

他にも、8月21,22日と、広島大学で行われた日本教育学会に行ってきたよー
初めて発表して、緊張したけど、何とか無事に終わりました。
なんか、発表して、すごく、すっきりした。
去年、3大学ゼミや、第3世界で発表した内容と、反省を受けて、
やっと、一つ、気持ちに区切りがついたよ。3度目の正直??
自分がすっきりするまで、こんな時間がかかるなんて、不器用だなーと思いつつ、
本当にいろいろと勉強になりました!!
後は、修論だねーーー

あとね、最近嬉しかったのはね、家庭教師で教えている子が、
夏休みに頑張ったんだけど、読書感想文が認められて、
今日、始業式で、2年生の代表の言葉を勤めたんだって!!
いやいや、嬉しいものだーー☆

今日は、午前中に職員会議があって、
あー。2学期は行事が一杯だーっておもいつつ、
ちょっと、明日、生徒達に会うのが楽しみです。

夏休み明けの中学って、ちょっと、恐ろしい。

夏休みは長い ⇒ はしゃぎたくなる ⇒ 眉毛いじったり、髪の毛染めたり
⇒ うちの学校では、校則守らないと、教室に行けない ⇒ ふれあいルーム
⇒ 私たちが、担当する

そんな、生徒たちが沢山いたらどーしようーーーー。


明日から、新学期☆ 

Happy or Unhappy??
[PR]
by fujika0316 | 2010-08-31 00:18 | 近況


思うこと。

増税より 国会議員の 給料減らせ
 
世の中には、天災と人災があって、よく見極めないといけないと思う。

例えば、地震やハリケーンなどの災害があって、直接被害を受けるのは天災だけど、
被害物資が首都まで届いているのに、それを采配する人の実力が足りず、
被災者まで届かないために苦しんでいたら、人災。

口蹄疫の問題が起きたことは、ある意味天災だけど、
その問題が起きているのに、当時の農水省の大臣が9日も休暇を取っていて
対応が遅れたことで、広がったことは人災。
被害が広がったために対応するために必要な費用は増え、
その金額は、税金から払われる。

沖縄の基地の問題でも、首相が何度も沖縄に足を運んだけれど、
その、移動代も、SPの給料も、ぜーんぶ、税金から支払われる。

今、消費税増税の議論がされているけど、私が危険だなって思うのは、
“2大政党制”をうたうことで、
どっちが勝っても10%増税になるように、仕組まれているように感じること。
選挙が終わって、増税になっても「選挙で国民の皆さんが選んだ結果です」
はい、終わり。
になることが怖い。
今は、選挙のために税金の議論の方向性が、また見えなくなってきたけどね。

本当なら、財政立て直しのための政策は一つではない。
「財政が厳しいから、10%増税」が、一番いいと言う結果を出す過程には、
消費税は7%にして、やっぱり、高速の無料化をやめましょう。とか、
消費税は、8%まで上がったら、消費傾向には、このような変化が見られると予測して、
その部分の負担は、医療費の自己負担で賄いましょう。とか、
そういった、議論が必要なんじゃないかと思う。
10%の増税が悪いと言うことよりも、その過程の議論が見えないことの方が
私は危険だなぁ。と思う。
ま、その過程がないのかもしれないけど。

同時に、各省庁の予算と、その配分と、政治家の給料と、いろーいろ、オープンにして、
色んな案や、その影響を吟味しながらの議論を通さないと、
答えなんて、出ないと思う。

それが、じゃ、どっちが勝っても、消費税10%になるから、財政は大丈夫。
仕分け人で、頑張って無駄削減しようとしてる様子は、伝わってるでしょ。

のような、裏の声が聞こえてくるのは私だけだろうか。。。

最小不幸社会なら、
国会議員という最少人数のひとびとが、身銭をきって、
国民のために働いたらどうだろうか。

でも、月に何百万と言う給料をもらってしまうと、
自分の身を守るのに、汲々としてしまうんだろう。
だって、去年の選挙の後に、1日議員をしただけで、1か月分の給料をもらってたからね。
味をしめて、言うこと言えなくなったら、改革どころじゃない。

でも、そんな議員達を選んでいるのは、国民なんだよね。
大事なのは、「国民が政治を監視する」ということだと思う。
ただ、政治家の利益のための票になってしまっては意味がない。
どの党も、それぞれ、支持をする人が言うべきことを言っていくことが大事。
そして、納得いかない時は、応援しないと示すことも大事。
そうしないと、ただの票になってしまう。

比例区は、決めてるんだけど、
小選挙区、入れる先がない。と思いながら。
この一票を無駄にするよりも、
2大政党制にささやかながら抵抗をすることにした。
それぞれの政党に、いいところも、改善すべきところもあると思うけど、
「制度」マジックで、だまされるのは悔しいと思う。
そんな、今の気持ちでした。
[PR]
by fujika0316 | 2010-07-07 23:02 | 近況


ついつい。



さて、クイズ第2弾です!!

私は、今(5月23日午前0時)、どこにいるでしょう??



正解は、


東京近郊のグアテマラ同期隊員のお家でした!!!

今日と明日でスペイン語のDELEという検定があって、それを受けに来てるよ。
今日が筆記で、明日が面接です。
朝、すごく早かったー。
8時半に会場に集合だったので、5時半に家を出て、6時直前の電車に乗って、
新幹線に乗り換えて‐‐‐ 東京へーー
遅刻しないか心配で、この2日間、新幹線に乗り遅れて遅刻する夢を見た。
こう見えて、心配症です。

意外とたくさんの人が受けていました。

ひとつ、失敗をしました。
作文の時に、150字から200字の間で書きなさいっていう課題で、
テーマが、
「あなたは、大事な友人の住む街へ行く旅行をゲットしました。そのことをその友人に知らせる手紙を書きなさい」

「あなたの大事な友達についてと、その関係をずっと続けるためにどんなことをしたらいいですか?」

っていうのなんだけど、
研究プロポーザルが通ってグアテマラに行けることになった!というのと、
グアテマラ隊員時代のカウンターパートについて書いてたら、熱くなってきて、、、、
たぶん、書き過ぎちゃったよ!!

書き終わって、解答用紙回収の時に「200字まで」って気付いた。

ま、いっか。
[PR]
by fujika0316 | 2010-05-26 20:35 | 近況


脳みそマッサージ

この週末は、大学で先生の研究プロジェクトの会議があったので、
お手伝いで行ってきました!!
朝10時から始まった会議、脳みそが刺激されまくりの一日だったよ

研究って何だろう?
教育って、何だろう?
これから、どこに向かっていきたいんだろう?
って、カオスの中にいる私にとって、沢山のヒントをもらったと共に、
自分を見つめなおすことのできた一日になったんだー

なんかね、去年一年間の中で、色んな変化があった
最初は、次に進んで、勉強したいっていう思いが強くって、
でも、次の課程を、どこで勉強するのか、何について研究するのか、
どこの研究科に行くのか、開発なのか、教育なのか?
それとも、働いて、実務経験を積むのか、
でも、働くと言っても、どの分野で働くのか。
日本の教育現場なのか、
発展途上国の現地に行ってその地域について、更に深めていくのか、
それとも、開発分野のステップなのか・・・。
でもね、「開発」って、実はトリッキーで、
トレンドとか、需要が常に変化しているだよね。 だから、
結局大事なのは、私でいえば「教育」における専門性を持つことのような気がして、
でも、教育の中で、何を専門とするのか、したいのかが、自分の中でまとまっていなくて・・

と、
沢山の選択肢があると同時に、
考えるほど、自分が中途半端に感じられて、、、
一つの進路を選ぶと言うことは、その時点では他のものができなくなる。
だからこそ、次のステップを「選ぶ」ことの重さに耐えられなかったし、
なんだか、時間が必要だったんだ。

そんな自分の気持ちがずっと、ごちゃごちゃしたまま整理できなくて、
勢いで進んじゃえっていう覚悟もなくて、
そんななかで、論文のことも含めて、時間が欲しかった。

そして、実家に帰ってきて、学校での仕事が始まって1ヶ月が過ぎて、
今の学校での生活にも慣れてきて、
その一方で、比較教育学会に関するアンケートの結果を見ている中で、
考えたり、悩んだりしていて、

その中で、この会議を通して色んな話しを聞きくことができて、本当に良かった。
夜の飲み会や、帰りの地下鉄で色んな話を聞きながら、
沢山の刺激を受けたよ。

その中でね、一番感じたことはね、
研究って、やっぱり楽しそうだっていうこと。
研究について、真剣に議論したり話している先生達の話を聞いていて、
何かを考え、追究していくことって、楽しそうだー って思った。単純に。
自分も何かに一生懸命になりたい

そして、同時に、「自分」を持つことの大切さを感じた
会議の中で、プロジェクトの中で「自分で気付いていなかった自分」
に気付いた様子を語られている先生の話を聞いていて、
「自分で気付いていなかった自分」に気付くためには、
「自分」という枠があることをなんとなく感じている必要があるんだと感じたんだ
その枠は、それまでの経験であり、研究してきたこと、仕事してきたこと、
考えてきたことの積み重ねで、ちょっとずつ出来てくるものなんだけど、、
その枠がね、大事なんじゃないかな。
もちろん、その枠は常に変化し続けるんだけど、
その枠はね、沢山模索して、勉強して、研究していくほど、
個性として輝いていく気がする

私はね、もっと、もっと、磨きたい。何かを
[PR]
by fujika0316 | 2010-05-11 20:25 | 近況


久しぶりに

お久しぶりです!!

さて、問題です!!

今(5月8日 22時頃)、私はどこにいるでしょう???


なんて、やぼなクイズですが・・・・・。


正解は、大学の、昔ナツカシ研究室305号室でしたーー☆

明日は、あるミーティングがあって、それに参加するために大学に戻ってきたよ!!
ついこの間まで、ずっとここにいたのに、
やっぱり、4月から雰囲気もどことなく変化。

でも、やっぱり、落ち着くのは確かだねーー☆

学校で働いていると、いろいろ感じることはあるんだけど、
ここでは公表できないような(プライバシー保護のために)こともたくさんあって、

でも、また、ちょっとずつ、書いていこーとおもいます。
頭使うのは、疲れるけど、楽しい!!
[PR]
by fujika0316 | 2010-05-08 22:30 | 近況


この1ヶ月

あっという間に、3月4日です。
もうすぐ、27歳にさようなら、28歳こんにちはです。
先日、隣の市の教育委員会の担当者の方からお電話いただいて、
明日、手続きに行ってきまーす。
とりあえず、この一年間は、地元静岡県の、新しい空港の近くで実家暮らしです。

2月になってね、いろんなことがあって、充実した、忙しい毎日です。

2月の1週目に集中講義がありました。
本当は、授業の単位は十分だったから、受けなくてもいっか。って思ってたんだけど、
最初の授業に出てみたら、実践的で、面白くって、全部受けてしまいました。

今、この時に、この授業を受けられて、この先生に出会えてよかったって思いました☆
最初は、後ろのすみっこに座ってたんだけどね、
さすが、人事をフィールドとされている先生!!
授業の中で、英文履歴書を作成したんだけど、
履歴書を作成しながら、
あ、卒業が一年延びても、数字が2010から2011になるだけなんだー
やっぱり、この一年しっかり勉強しよう!って思えたよ。。
そしてね、授業の中で、面接の練習もしたんだけど、
そんなのを通して、自分がもっと勉強したいこと、挑戦したい課題を
改めて確認できましたー。

久しぶりに駒ヶ根にも行ったんだーー
グアテマラのハリケーンの話をしてきたよ。
今回は、久しぶりだったんだけど、なんか、あの時のことをちょっと思い出してしまって、、
感情移入をしてしまいました。
その後、同期で駒ヶ根に住む隊員の友達と再会したり、熱く語れて幸せでした!!!
赤ちゃんすごーくかわいかったーー

それでね、引越しをしてね、
レポート3つ書きながら、3月20・21は東京へ。
協力隊時代の友達の結婚式の二次会へ
環境教育171の4人で、終わった後に語ったんだけど、
約5年ぶりの再会もありながら、いろいろな話ができて本当に良かったよ☆

そして、2月の後半は、名古屋・京都・大阪へ
京都でも懐かしい再会があったり、
大阪では、協力隊の仲間との再会や、
高校卒業から10年の同窓会がありました。ビックでした。
すごく感動でした。沢山の人が来てました。
みんな、変わっているようで、変わっていないようで、変わっているようでした☆
高校時代に3年間過ごした暁寮へ、終わった後に行きました。
寮のお父さん・お母さんや、一緒に暮らした友達と、かけがえのない時間を過ごせました。
夜の飲み会にはいけなかったけど、また、みんなとゆっくり語りあいたーい☆って思ったよ
3月1日にまた実家に帰ってきて、今は荷物の整理中。

あ、そうそう、
もうすぐ弟が駒ヶ根での訓練を終えて、ブルキナファソへ協力隊員として出発です。

1月の終わりに受けたTOEICの試験結果が出てね、
今回は、朝3時間しか勉強しなかったのに、前回から100点も上がってたよ。
これ、前回出してたら、人生変わっていたかもしれないけど、
今となってみると、やっぱり、この一年は実家にいないといけなかったんだって思うんだ。
妹はアメリカ、弟もアフリカ。これで、私も海外に行っちゃったら大変だもんね!!
でも、一年後には、自分の道に進めるように、コンディションを整えよーと思います!!
[PR]
by fujika0316 | 2010-03-04 22:28 | 近況


出会いの不思議さ


出会いの不思議さ、面白さって言うのは、
友達、先輩、後輩、先生、同性、異性に関わらず、

誰に出会うか、
いつ出会うか、
どこで出会うか、
どんな状態の時に出会うか、
っていうので、色んな可能性が広がることだと思う。

初めて人に出会うのも、面白くてわくわくするし、
久しぶりに再会するのも、これまた新しい発見があって面白い。
そんな、色んな出会いに感謝しながら、、、

先週の土曜日の夜には、ラテンアメリカの協力隊出身者 兼 現役院生で鍋。
私ともう一人は、同じプログラムで、
私ともう一人は、協力隊の同期で隣の国。
そんな3人が一度に集まると = 面白く、深く、理解しあえる かなぁ。

それぞれ興味があることも違うんだけど、
違う分野だからこそ、視野も広がるし、
視点も増えて面白い!!!

なんかね、ラテンアメリカの話をしていて、
長期的な目標や人生計画を立てられるか? っていう話になって
ラテンアメリカでは、あまり先のことは考えていないんだけど、
突然の事件や変更には柔軟に適応できる。
でも、日本人は、長期的に考えることは得意なんだけど、
変化や事件が起きると、戸惑うことが多い。 
とかね、、、
他にもいろいろ盛り上がって面白かったよ!!

そして、日曜日は、近くに住んでいらっしゃるご夫婦が送別会で韓国料理に招待してくださった!!
だんな様がオーストラリア出身で、
奥様が、通訳として活躍されているご夫婦なんだけど、
すごく暖かくって、大好きなんだよねーーー!!
またまた、いろんな話で盛り上がりました!!
それを通して感じたことは、
やっぱり、ステキな人のところには、ステキな人が集まるんだなぁっていうこと。
優しく包んでいただいて、また、頑張ろう!! って思えました。

そしてもう一人。
友達の後輩で、同じく院生をしている子がいる。

実は、1月にいろいろもやもやしていた時に話をして、
ありのまんま、悩んでいることとか、戸惑っていること、いろいろ話してくれて、
その、ありのまんまに、なんか、
あ、自分も悩んでていいんだなって思うことができた。
それから、いろいろ考えるほど、
実は、結構興味があること似てるんじゃないかな・・・。って。

もし、その子がアメリカの大学院に行っていたら、
ここで、こうやっていろいろ語ることができなかったんだーて思うと、
また、やっぱり、出会いって不思議だなって思うのでした。
[PR]
by fujika0316 | 2010-02-07 19:03 | 近況


時間に耐えうるもの

最近面白い本を読んだ。
外山滋比古 著「思考の整理学」 という本。
もう読んだ方もいるかと思うけど、納得できる点が多くて面白かった。

何よりもすごいと思うのは、
この本において「古典」と呼ばれるような作品について、
「読者が一度, その作品を忘れて、30年50年経ってから再生するものだ」
という風に語られているんだけど、
この本自体が、1986年に発行されて、一度忘れられて、
30年経った今、もう一度読まれているということだと思う。
つまり、30年の時を経て、その作品自体が一つの古典として再生し得ることを証明したことだと思う。

すごいね。なんか、読んでいて、あせって早く結果を出さなきゃいけないって思っていた自分がちっちゃいなって思ったよ。

普段の日常の中で、著者自身が自分の頭で考えたアイディアを、寝かせ、忘れ、また思い出して更に考察しって繰り返して精錬させたものだからこそ、古典になるんだろう。
そうだよね、ゲーテのファウストだって、ゲーテが人生をかけて創り出した作品だしね。

なんか、自分の中でも、今までで色んなアイディアがあったし、
色んな経験があるんだけど、
それを、ちゃんと整理していなくって。
でも、それでも自然と寝かされて、忘れられて、
それでも、また、ひょっこり顔を出してくるアイディアがあって、
結局、そこからは逃げられないんだよね。うん。
なんかね、アイディアというか、その考えが「私を忘れないで」って言ってくるの(笑)
で、ちょっと向き合ってあげて、更に思考をめぐらせていくと、
「もしかして、そのアイディアって、こっちにも当てはまる??」 とかなって。

そういうの、ちゃんと整理しないといけないね。うん。

昨日の日記、ちょっと抽象的に表現しましたが、

私は、この1月に修士論文を提出できませんでした。
卒業を一年先にして、もうちょっと、ちゃんと書こうと思います。
でも、授業の単位は全部取ったので、2月中旬に実家に引っ越して、
後一年、地元の小学校で働きながら勉強しようと思っています。

形にはなんとかなっていたんだけど、
例えば、「政策分析」って何?って、自分で問いかけた時に、
明確に答えられないし、グアテマラの教育政策、まだまだわかりきれていないし、
二言語教育も、勉強してみると、
その個人の「バイリンガルな状態」、教育方法、社会のバイリンガルな状態、
社会が目指していること等々、
やっぱり、一つ一つ丁寧に見ないといけなくって、、、
とかなっていたら、
時間内に終わらせられませんでした。

それで、とりあえず出して、博士で取り返し!! 
っていうほど、博士に行く覚悟はないし、
私の場合、沢山のグアテマラ人に協力いただいただけに、
「とりあえず卒業!!」 とは、できなかったんです。
「あの子はできなかった」って周りに言われても、
グアテマラ人にもう一度会ったときに、
あの時の調査でこれがわかって、こういうことだと思うんだ。
って、誠実に答えられる自分でいたかったから。

もうちょっと、ちゃんと勉強しながら、
今まで整理できてなかったもろもろや、
勉強できてなかった諸々を、
見つめてみようと思います!!
一年の期限付きで!!
[PR]
by fujika0316 | 2010-02-02 18:24 | 近況


新しい月の始まりに 10年前の私と、10年後の私へ

10年後の私へ

こんにちは。元気ですか?
2010年2月1日の私は、なんとか元気にしています。

2020年2月、私は、一体どこで何をしているんだろう。
でも、きっと、10年後には、
今、悩んでいることも、今まで悩んできたことも、
きっと、笑いながら、誰かを励ますネタにしているんだろう。
「大丈夫だよ。大変な時があるから、人生は面白いんだよ」って。
「悩みがあるから、人の心がわかるんだよ」 って。
そして、どうか、10年経っても、自分であってほしい。
それまでに受け取ってきた優しさに、感謝できる自分であってほしい。
不器用でも、回り道だらけでも、傷だらけでも、
それでも、顔を上げて、笑っていて欲しい。

修士論文と向き合えば向き合うほど、自分がわかっていないことに情けなくなり、
録音したインタビューの声を聞くと、益々、自分の力量不足が情けなくなる。
将来のことを考えても、
なんか、トラウマも克服できてんのか、できてないのかわからないし。
自分が見てみたいテーマを考えると、
そのテーマが重かったり、自分はわかってないって思ったりで、
そんなんで、うわーー。 ってなってた。でも、直視できるほど、まだ強くなくて。
これまで10年間、走って、走って、頑張って、頑張ってきたんだけどね、
そんなの全部裁けるほど、ま、器用じゃなかったんだね。

ま、それが良くわかった。うん。
自分は、自分以外のものにはなれないから。
10年後に、「この一年があったから、今がある」って言えるように生きてみようと思う。

そうだね、待っててね。
今の自分から、また、出発しようと思います。

2010年の私より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2000年2月1日の私へ

2000年2月1日かぁ。
大学受験の真っ最中だね。あの頃も、すごく不安だったね。
でもさ、一生懸命だったね。
今から振り返ってみても、あぁ、わかってなかったなぁって思うこともあるけど、
逆に高校生で何でもわかっていたら、ちょっと嫌な子だね(笑)

だから、そのままのあなたでいいよ!!
その時のあなたが、一生懸命だったから、がむしゃらだったから、
やっぱり、今の私がある。

あのね、1ヵ月後にね、大事な約束ができるんだよ。
私ね、10年間、その約束を抱きしめて頑張ったんだー。
約束はね、自分と相手しかわからないから、
なかなか、わかってもらえる人に出会えないかもしれない。
時には孤独も感じるし、その約束を果たせなかったらどうしようって、不安にもなる。
でも、それでも、あの時の自分があったから、今の自分がある。

約束、果たせるまで、頑張ってみようと思う。
約束が果たせなくても、続けてみようと思う。
約束を、作ってくれて、ありがとう。

10年間。
別の選択肢も沢山あったんだけどね、
でも、一つ一つ、ちゃんと生きてきたから、これでいいや。
その道を選んだおかげで、ステキな人に沢山出会えたから、これでいいや。
10年後に開けなくても、
20年後に、まだ悩んでいても、
30年後に、あきらめそうになっていても、
もしかしたら、40年後に、
全部ひっくるめて、強くて優しい人になれているかもしれない。
そうね、なれるように、笑っていられるように、
生きていくしかないかもしれないね。

大丈夫。 そのまま進んでください。

10年後の私より。
[PR]
by fujika0316 | 2010-02-01 17:02 | 近況

    

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧