空ノウタ


2006年 06月 01日 ( 1 )



後輩へ

今、訓練を受けている、大事な後輩へ

後1ヵ月半で、グアテマラに来て1年が過ぎる。
本当に時間はあっという間に過ぎていく。
丁度一年前、私は駒ヶ根で約190人の仲間と暮らしていた。
語学の勉強をしたり、色んな企画をしたり、色んな話をしたり・・・
今思えば、毎日3食おいしいご飯を食べられたことも幸せだった。

でも、同時に、まだ見ぬ国、グアテマラに色んな思いを馳せていた。
紛争を経験した国・・・
標高が高い場所にあるソロラ・・・
先住民族の鮮やかな衣装・・・

静岡の海に近い場所で育った私には、雲ははるか遠くにあるものだった。
それが、駒ヶ根という、少し標高が高いところに住んでみて、
空の近さを感じたものだ。

ある日、大切な人に、こう言ったことがある
「グアテマラの空は、どんな空なんだろう。
駒ヶ根の空でも、こんなに近く感じるんだから、
グアテマラの空は、もっと近くに感じるんだよ。きっと」

そして、グアテマラに来て、本当に空の近さにびっくりした。
アンティグアで、遠くに低く広がる雲に感動したこともある。
それが、ソロラときたら、雲の中に町があるのだ。

毎朝、ドアを開けて、はるか遠くの雲が自分より下にある。
この不思議な気持ちには、言葉に出さないまでも、いまだ慣れないでいる。


大学時代も、まだ見ぬ国グアテマラに、不安な気持ちを持ったことがある。
でも、春を待つつぼみがわくわくしている桜の木の下で、こう思った。
「私はこの大学、この自然、花、木、空気が好き。友達、後輩が好き。
きっと、グアテマラでも、沢山のもの、沢山の人を好きになれるだろう。
何かを好きになれる心がある限り、新しい町でもきっとやっていける。」

そして、グアテマラに来て、ソロラに来て、色んなものが好きになった。
美しい湖、アティトラン湖。
色鮮やかな民族衣装。笑顔の豪華なおばちゃんたち。
そして、恥ずかしがりやだけど、とてもかわいい顔で笑う子ども達。
公園のリス
動物屋さんのウサギ
パン屋の犬 2匹
ある家の庭

もちろん、辛い日も、嫌いになりそうなこともあった。
でも、私には友達がいた。同期の仲間がいた。話を聞いてくれる人がいた。
そして、自分を信じて、成長を待っている師匠がいる。心の中に。

だから、やってこれた。
また、進んでいこうって思える。

途上国に限らず、違う国で暮らすことは、楽しいことばかりじゃない。
そう、簡単に「大丈夫!大丈夫!」と言えるものでもないかもしれない。
でもきっと、何かを好きになれる心があれば、
相手を尊敬し、相手のいいところを探す心があれば、
そして、自分を支えてくれる人を大事にすることができれば、
きっと、宝物になる2年間が送れると思う。

辛い思いも、経験も、楽しい思いでも、
最後には、何者にも変えられない、自分の心から消えない宝物になる。
いや、きっと辛かったこと、悩んだことの方が後で輝くのだろう。

だから、とにかく、目の前の限られた生活を大事にして、
今しか会えない友達達との絆を強くして、
思いっきり、おいしいご飯を沢山食べて、わくわくしながら飛び出してください。

私も、楽しみに待ってるからね!!
[PR]
by fujika0316 | 2006-06-01 23:30 | 近況

    

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧