空ノウタ


活動してんの????

最近、旅行の報告があまりにも多く、
                 「活動してんの???」
とのつっこみが、聞こえてきそうだったので、自分で突っ込んでみました。


そうですね、ぼちぼちです。

親が帰って行ってから2週間。今日まで、本当にあっという間に時間が過ぎました。
学校は長期休暇なので、事務所での仕事。
月曜日は、ソロラにある大学との会議。
湖畔の村で、来年予算がついてプロジェクトをやる事になりました。

火曜日は、体調壊してダウン。水曜日は、次の日の授業の準備、つまり、

木曜日は、大学で、子ども達との最後の授業がありました。
以前、日記で、子ども達との最初の授業で、森の中を散歩して、楽しかった事を書いた。
でも、メキシコに行くために首都に上がる前日、もう一回授業があったんだけど、

大きい子ちゃんたちの授業で実験をしたけど、全く彼らにとって面白くなかったらしく、
半授業崩壊。

ちいちゃい子ちゃんたちの授業では、土に穴を彫って、果物の皮を入れる!!
ミミズを探す!!
という事をやりたかったけど、けんかが始まり、仲間割れし、最後には一人泣いてしまった。

そんなこんなで、やる気があったところを自信をすっかりとなくし、
メキシコには散々な精神状態で出発したのです。

そして、今回、最後の授業。

色々悩んで、考えた末、
大きい子ちゃんたちには、ネットから環境に関する写真や資料、ビデオを探して紹介。
最後に、地球か、アティトラン湖に対して手紙を書いてもらう事に。

ちいちゃい子ちゃん達には自然を使った工作をしてもらう事にしました。
森から、葉っぱをちぎってきて、紙の上に乗せる。
その上に布を敷き、上からとんかちや石を使って叩き、色素を紙に写す。
それを使って、お絵かき。

結果のほうは、

ちいちゃい子ちゃんたちのほうは、最初は喜んで作業していました。お絵かきも進む。
自分で、創造し、工夫して作品を作る子も出てくる!!

うるさいとの苦情

50分後、集中力が切れて、かけっこ大会の始まり。



あちゃーーー。

若干、落ち込みかけたけど、ちいちゃい子達が90分も、集中力が続くはずが無い!!
と、開き直り、これで、「ま、いいか。」ということにした。

日本の小学校や幼稚園の現場で働いているだろう、友達達が、あらためてすごいと思った。
私も、帰って修行しないと・・・。

大きい子ちゃんたちは、この2週間でメンバーに変化が出ていた。

まず、前日の準備の時点で、酸性雨の被害状況や、ヨーロッパの地図、
そして、水俣病の状況の写真をダウンロードしておいた。
それを、P.Pにのっけて、簡単なプレゼンの作成。

当日は、まずは環境省作成の去年のハリケーンのビデオ。
このビデオだと、木や森がないと土壌が侵食して、土砂崩れが起きる過程が、
映像で分かりやすく説明されている。
ハリケーンの被害の様子も。

このビデを見ると、先生方も、子ども達も、環境に対して考え始める(ように、見える。)

そして、色んな写真の紹介。
酸性雨が起きる過程や、その恐ろしさ。
水俣病の写真は、皆にとって、少しショックだったみたい。

最後、出回っている「2070年の手紙」のP.Pを見る。
子ども達の口々に、「やっぱり環境は大事だね」
「こういうことや知識を、もっと、多くの人にい教えてあげないとダメだ」
との声が上がる。

嬉しい。

最後、皆がアティトラン湖に対する手紙を書いて終わった。

今回は、映像の力もあって、皆も満足してくれた様子。あーーーー、よかった。
前日、緊張して眠れなかったよ。

最後、ソロラ市の中心地まで、何人かとバスで帰る。

そのバスは、ソロラ市を巡回するバスで、運転手はおじいちゃん。
そのおじいちゃん、バスに乗るときに、子ども達一人一人に声をかけていた。
一人の子の頭を、くりくりっとなでて、大きな声で笑う。
歯が抜けているところが、また愛嬌のあること。

そのおじいちゃん、中心地の街中を走っている時、知っている人を見かけると、
「おう、元気かーー??」と、声をかける。
また、声をかけられたほうも、嬉しそうに返事を返す。

このおじいちゃん、町と共に、バスと共に、いろんな人と共に、
年をとってきたんだと思うと、何だか不思議な気持ちになる。
すごく、幸せそうに見えた。
私にも、笑顔と「元気でねーー」との言葉をくれました。ありがとう★

金曜日は、環境系団体のAMSCLAEの5年間の計画の発表の会(何て言うの??)に参加
この団体は、副大統領直轄なので、その秘書、
県知事、市長、各団体の所長、大学の学長、そして、ボランティア達が着ていた。
パナハッチェル市で、一番高いホテルでの開催。私も始めて入りました。

私が一番感銘を受けたのは、ある大学の学長との雑談。
彼は、以前、教育省県事務所の所長をしていて、研修で日本にも行った事がある。
まだ、40代前半なんだけど、学長をしている。
それが、環境のプロジェクト、貧困をなくすプロジェクト等々、
自分で、グアテマラ西部地域に必要なプロジェクトを発案・企画して、実行している。
この大学、私立なのでお金があるのはもちろんなんだけど、
こうして、途上国の大学が、こんなにプロジェクトを実践していると思わなかった。

途上国の大学院で学ぶと、実践しながら、研究を進められると聞いた事があるけど、
「こういうことなのかなーーー」と思った。
こう、久しぶりに、エネルギッシュなグアテマラ人を見ました。


長くなるので、先週に関してはこの辺りで。
先週末と、今週に関しては、パナマ出発前に、アップできるかなーーー??
流れるかなーーー???
ま、のんびりと・・・。
[PR]
by fujika0316 | 2006-12-09 21:20 | 近況

<< 冬ソナ、グアテマラ上陸      何を見に来たの?? >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧