空ノウタ


不器用

私は、つくづく自分が不器用だと思う。

一度「もうだめだ」と、思ってしまった相手に対して、愛想をつくことが、全くできない。
最近、ソロラでの人間関係で、信頼を失っていく人が何人かいる。
その人たちに対して、自分がどのように接していいのか、わからない。

特に、夫婦間の問題は複雑で、いろんなことがあって、
その人の、一人の人間としての部分が出てくる。
ま、大体、夫が愛人を作っている場合が多いのだけど。

そこから、様々な問題が生じて。。。    ごちゃごちゃして。

そういう話を聞くと、私は、勝手に子どもの顔が浮かび、怒りを感じてしまう。
一度、自分がそうなると、私はその人に対して、笑顔を見せられなくなる。
昔から、嘘をつくことが苦手で、
嬉しい気持ちも、怒りも、悲しみも、全てそのまま顔に出るタイプだった。

私にとって、社会人1年目のこの場所でやっていけるか心配だったけど、
今まで何とかやってきた。

それは、言葉と言うハンディがあったから、
状況や真実がわかっていなかったから。ガイジンだから、みんなが大事にしてくれたから。
かもしれない・・・。  と思い始めてきた。

これまでは、汚い世界があるといわれても、多分、頭でしかわかっていなくて、
自分が目の前にしている状況も、大した事のないことかもしれない。
でも、自分の中では、結構、ショックが大きかったりするんだよね。
ショックと言うか、「人間に対する信頼」を失いかけたり。

でも、「人間なんて、そんなもんだよ」と思ってしまうことは、悲しすぎる。
だから、そうなりそうになるたびに、色んな事を考えて、
今までに出会った誠実な人たちを思い出して、「自分は、絶対にくさらない」と言い聞かせる。

そんな時、私のカウンターパートの存在が、どれだけ大きいかを感じる。
私は、結局、あと1年後に帰る人間。  彼女は、ここで生き続ける人間。

きっと、彼女はもっと小さなときから、色んな現実を見、聞いてきたことだろう。
そして今でも、色んな状況の中で生きている。それでも彼女が強い、笑顔。前向き。
彼女がそうやっていられるのは、旦那と子どもの存在が大きいからなのかもしれない。
辛いことを相談し、理不尽なことは一緒に怒り、もちろん、嬉しいことは分かち合う。
精神面だけでなく、子どもの学校の送り迎えや、家事も分け合っている。
彼女は結婚して10年なのに、今でも嬉しそうに旦那や子どもの話をしてくれる。
私は、そんな話を聞くのが大好きで、楽しみにしている。

世界中の子どもが笑顔になるためには、
周りの大人が、一人の人間として成長し続けることが必要だと思う。

お金も、社会的地位も、外見も、全て外した真っ裸の一人の人間として。
そのために、哲学や、心から信じられるものが必要なのかもしれない。
[PR]
by fujika0316 | 2006-09-15 05:07 | 近況

<< 温泉      W会 ありがとう >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧