空ノウタ


忘れられない光景


人は、毎日、生きながら沢山の景色や人、物を見ている。
見ながら、忘れていく。
次に、見つめなければいけない景色がまっているから。

でも、誰もがきっと、忘れられない光景を持っていると思う。
少しは色あせたとしても、少し線がぼやけたとしても、
直ぐに、心に浮かべることのできる光景。

物忘れはひどくて、記憶力は悪い、更に、ぼけている。
そんな、どうしようもない私でも、忘れられない光景をいくつか持っている。

一つは、カンボジアの3歳くらいのストリートチルドレン達が、
落ちていた食料を分け合っていた光景。

もう一つは、ある日、グアテマラのバスに乗ったときに、
おじさんがたーーーーっくさんの花を抱えていた光景。

そして、2000年、2月28日のあの日のこと。

他にもあげればいくつか出てくる。

要するに、忘れられない光景は、その場面の美しさと言うよりも、
自分の心が、どれだけ動いたかによっているんだと思う。

そして、昨日も、また一つ、忘れられない光景に出会ってしまった。


午前中の仕事が終わり、家に向かって一人で歩いていた。
いつもの道とは違う道を、いや、坂をゆっくり登っていく。
ふと、左斜め前を見ると、ホームレスのウィピルを着たおばちゃんがいた。
だぶん、アルコール依存症でもあると思う。
道の隅で寝ているのを、良く見かける。

彼女も歩いていた。
そして、立ち止まった。   ある店の前で。
そこには、ケースに入れられた、沢山のジュースの空き瓶が積まれていた。

何気なく見ていると、おばちゃんは立ち止まり、一つの瓶を持ち上げた。
そこには、コーラと言う黒い液体が入っていて、おばちゃんは一気に飲み始めた。

私は、その、予期していなかった行動に、すごく驚いたけど、
立ち止まるわけでもなく、    歩き続けた。
そして、おばちゃんを追い越し、一人、歩き続けた。。
頭の中では、いろんな事がぐるぐると回り始める。

何に、衝撃を受けたのかは、まだわからない。
きっと、そんな光景が、日常になってしまっている場所が、
この地球上のどこかにはあると思う。
おばちゃんにとっては、それは日常のことなのかもしれない。

でも、それは、
テレビと言う箱の中でもなく、
聞いた話でもなく、
自分の住んでいる、ソロラの町で起き、
何よりも、自分の目で見てしまった。

この、自分の目が、見て、その場所にいたことが、一つの意味を成していると思う。

もっと眼を開いてみよう。
まだ、私の知らない現実が、沢山あるのだから。
[PR]
by fujika0316 | 2006-08-25 22:30 | 近況

<< 友達の誕生日      戦う人 >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧