空ノウタ


夢の中に住んでる人。

なんだか、ブログの内容と現在の状況が時間的にあってないけど、ま、いいよね?

2泊3日の村体験の後、いろんな事が起きた。色んな心境になった。
もちろん、この国で、いや、人生の中でいろんな事が起きるのは当たり前なんだけど。

村から帰ってから、いろんな事を考え始めるようになった。
一番は、私は、この国で何を見ているんだろう?
何をわかっているんだろう?
そして、本当のグアテマラ人の友達はいるのだろうか?と言うこと。

村で、まきを拾う体験をしたこと。
ゴミ箱(ゴミ回収システム)がないということを、初めて実感したこと。
なんだか、自分が授業や講習会で話してきたことが、理想論に過ぎなかったのでは?
と思うようになってきた。
決して、贅沢な生活はしていないけど、
グアテマラ人と全く同じ生活か?と言えば、そんなことはない。
もう、グアテマラの習慣や、文化をある程度理解したつもりだったけど、
やっぱり、日本人の頭をしていると感じるようになった。

そして、本当に信頼できるグアテマラ人の友達を、ソロラに私は持っているのか??
と思い始めた。
村での先輩の活動が、人間関係が、ものすごく温かく感じたから。

もちろん、職場の同僚、ホームステイ先の家族、挨拶をする顔見知りの人はいる。
でも、ホームステイ先の家族は、4月にもめてから一定の距離を保っているし、
本当に、心から信頼している人がいるのか・・・・。と言えば、正直自信がない。

そんなことを考え始めた4日・火曜日、ある人に会った。

それは、湖岸のサン・マルコス村に住んでいるアメリカ人の女性。
以前の日記にも書いたけど、この人はペットボトルにプラスチックを詰めて、
家を作るという活動をしている。

この人のキャラクターが全くもって強くて、私たちがペットボトルを集めることが、
当たり前の義務だと思っている。
私たちには、私達の活動もあるのに・・・。

でも、ブログにも書いたように、私はこの家を作ることに心から賛成できないでいた。
耐久性の問題と、コスタリカの友達が指摘してくれた、50年後の問題だ。
その通り、50年後、100年後には、その壊れた家からは大量のごみが出て、
結局、湖を汚すことになるのだ。
今、一生懸命ボトルを買って、お菓子を買って、ごみを詰めるよりも、
もっと大事なことがあるのではないか????と思うのだ。

だから、私もカウンターパートも、コミュニケーションを避けていた。
正確には、忙しかったのでこちらから連絡する余裕もなかったのだ。

その人に、会ってしまった。
ここから、その時の会話をそのままのっけてみたい。

アメ人「あら!!元気にしてた?あなた達から全く連絡がないけど、どうしたの??」

私{ 私たちは、私たちの活動で忙しかったのよ。}

「ところで、ボトルは集まった?いつ持ってくるの??」

{私たちは、まだ、そのプロジェクトに協力するか悩んでるの。だって、ボトルが集まっても、どうやって村まで運ぶの?誰が、船のお金を出すの?}

「そんなの、どうにかなるわよ。なんで、協力しないの?」

{それに、その家は、50年後にどうなるの??結局家が壊れて、みんな湖を汚染するよ。50年後、私はここにはいないと思うし、あなたも生きてはいないでしょ?そしたら、誰がそのごみの責任を取るの??私は、その責任を取れないから、教師や子ども達に推薦することなんてできない。}

「あはは~~。そんなの、全部、湖に流れていくわーー」

・・・ 私たち、唖然 ・・・・・

「そんな、責任、責任って言うけど、今、道に落ちているごみは今も湖に流れ込んでいるのよ。それなら、今、湖に流れ込んでいるごみは、あなたが責任を取ってくれるのね。それに、50年後なら、きっとテクノロジーが発達して、どうにかしてくれるわよ。」

{そんなの、無責任で、私には勧められないわ。それに、ボトルを集めるとなると、そのために、沢山物を買ったりする人が増えるでしょ。それは、かえってごみを増やすことになってよくないよ。}

「じゃあ、住民には、なんて言うの?」

{例えば、ごみが増えたら、結局最後には税金の値段が上がるから、ごみを減らしたほうがいいとか、そう言った方がいいと思う。}

「ふん。(鼻で笑う)あなたは、夢の世界に住んでいるわ。村で税金を払っている人なんて、一人もいないのよ。そんなの、現実的じゃないわ。あなたは、村に住んでいないから、何もわかっていないのよ。私は、毎日、湖が汚染されているのを見ているわ。理想ばかりで、そんなの、何も通じないわ。」

もう、後は、何がなんだか覚えていない。 そして、別れた。

自分の頭では、自分が考えていたこと、言ったことは正しいと思っている。

でも、先輩の村から帰った後だけに、自分に自信がなかった。
私は、本当に、グアテマラの本当の状況なんて、わかってないんだと思う。
でも、それをあんなにはっきりと言われると、やっぱりこたえる。

自分が、一年一生懸命やってきたことも、正しかったのか自信がなくなってくる。
その週末、隊員での教育分科会でこのことを話したとき、みんながいろんな意見をくれた。

ある同期隊員に「ま、夢の中に住んでるって言うのは、ある意味間違ってないね。」
と冗談を言われたこともあったが、(もしかして、冗談ではない??)
私は、正直、村でのごみ問題に、「これが答えだ」と自信を持って言える解決策を、
まだ持っていないのだ。

日本なら、リサイクルのことを教えて分別を教えれば、回収して本当にリサイクルしてくれる。
でも、ここで聞く、リサイクルと言う言葉は、まだ現実味を帯びていないのだ。全く。

なんだか、自分の根っこにあったものが、少しずつ揺らいできている。
でも、それが、グアテマラに来て一年経ったことの成長の証なのかもしれない。
(悩んでいるときは、そんな風に思えなかったけど。)
[PR]
by fujika0316 | 2006-07-18 07:30 | 近況

<< 二度と      エプロンの中の辞書 >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧