空ノウタ


環境の日(続き)

一通り、参加者がパレードを終えて公園に集合。
うちの事務所の所長の挨拶に始まり、国旗と、国歌斉唱。

そして、県庁から県知事に代わる人の挨拶。
その後、1分間の黙祷。
そして、1分間の拍手。

この1分間の拍手って言うのは、日本にはない習慣だよね?
ちょっとグアテマラを感じる。

この頃、首都から事務所の広報班の人たちと、私の担当調整員が到着。
パレードで、道がふさがれていたらどうしようかと思ったんだけど、無事だったみたい。

そして、市長の挨拶。
インディヘナの市役所というのもソロラにはあって、そこの市長も挨拶。
インディヘナの市役所が、何なのか不明なので、また何かわかったら書こうと思います。
そして、小学生・代表声明。

その後に、調整員の方が、挨拶をすることになった。
これは、全く聞いていなかったと思うので、きっと、びっくりしたと思う。
でも、無事に挨拶をしてくれて、私も挨拶をすることに。

私 「おはよーーーう!!子ども達!!」   みんな 「おはよーう」
私 「もう一回!!おはよーーーーう!!!」 みんな 「おはよーーーう」

お決まりの挨拶。そして、校長先生、先生方へのお礼。
そして、今の活動のこと、環境委員会を発足したこと、その理由
「グアテマラの環境は、グアテマラ人自信が守らなければならないこと」を話す。
そこまで話して頭が真っ白になったので、長くなるのも良くないと思って、終わらせた。
後で、「矢沢栄吉のコンサートみたいだった」と事務所の人に言われた(笑)

そして、その後は、合唱コンクールの始まり。
まずは、環境系団体の「Lagun Artean」と、うちらの事務所が歌う。
うちらは、金曜日一日しか練習できなかったんだけど、なかなか、楽しく歌えた。

その後は、子ども達の歌。

ちなみに、審査員6人にお願いの書類を渡していたのに、来たのは2人。
と言うことで、急遽、代理を3人立てた。  その中に、私も入ることにした。
C.Pは反対したけど、押し切った。
なぜなら、審査員をまとめる人も必要だと思ったから。
そして、C.Pを始め、みんなに仕事を任せたほうがいいと思ったから。

この考えは当たり、イベントが終わりかけた頃、審査結果をひたすら集計することに。
集計担当者でさえ、集計の仕方がわかっていなかったので、
自分が入って、本当に良かったと心から思った。

歌の方はと言うと、色んな学校が、色んな個性を見せていた。
残念なことに、私は審査員で、歌っている子ども達の後ろから見ていたので、
あまりいい写真は取れなかった。

でも、こんな、伝統的な劇を見せてくれた学校も。

b0091346_68442.jpg


人間役の子どもと、鹿役の子どもがいて、人間が鹿をやっつけようとするけど、
どうしても、やっつけられない話。
私にとっては、楽しくてお気に入りだったけど、隣の審査員は
「これは合唱ではない」と言って、点数をあげなかった。
ちょっと、現実はシビアだなあと思った。

そして、これは、サンティアゴアティトランからのゲスト出演の合唱。
3曲も歌ってくれて、何より練習を重ねているだけあって、発声もいい。

b0091346_6101766.jpg


私が嬉しかったのは、San Jorge La Laguna (サン ホルヘ ラ ラグーナ)という、
ソロラの中でも、少しバスで下りたところにある村の学校の子ども達が、
一生懸命歌って、2番を取ったこと。

この学校の先生が、唯一、ソロラの学校の中で締め切りを守って、申込書を出してくれた。
私は、始まる前に、C.Pに「この学校にボーナス点を上げたい」と言ったけど、反対された。
ま、確かに、みんなは怒るかもしれないなと思って、私もあきらめた。

でも、ボーナス点を上げるまでもなく、彼らは2番になった。
ま、ゲストが一番なので、実質、ソロラでは一番になったことになる。

やっぱり、先生がずっと前から計画をして、子どもと練習をしていたんだから、
道理と言えば、道理なのだろう。
でも、本当に嬉しかった。
この結果を胸に、先生も子どもも、自信を持ってくれたらと、心から思う。

話は横にそれたけど、コンクールは無事に終了。
と言いたいけど、最後の辺りは、半分以上の子どもが去っていた。
場所が場所だし、しょうがないと言えばそれまでだけど、やっぱりちょっと悲しかった。

その後、審査員がリサイクル工作を審査している間、
C.Pがその場で考えて、「環境呼びかけコンテスト」をしていた。
参加したい人がステージに上がってきて、環境について呼びかける。
そして、それを聴衆が拍手で審査すると言うもの。

私は、必死に集計していたので、あまり良く聞き取れなかったけど、
みんなの楽しそうな声が聞こえてきた。
こうして自分で工夫をして活動できるC.Pは、本当にすごいと思う。

そして、最後、表彰!!!!
となったときに、ハプニング。
「賞品がいくつかなくなっていた」のだ。

私は、担当者に、事前に「どれが、何位への賞品か分けておいてね。」と頼んでいた。
それがされてないだけでなく、商品の管理もできていなかったのだ。
これは、さすがにやばいと思って、後は自分で仕分けして、仕切ってしまった。

私も、気になっていたのだから、もっと事前に声をかけておけばと思った。
やっぱり、行事の中心者として「最終的に責任を取る」ことをもっと考えるべきだったと反省した。

でも、ま、とにかく無事に終了したので、良かった。良かった。
その後は、みんなはお昼を食べに行き、解散をした。
私は、事務所から来てくれた人たちと一緒にご飯を食べて、色んな話しをした。
こうして、自分の活動を口に出して説明したり、話したりすることは、
自分自身も客観的に見つめられていい機会だと思う。

でも、イベントが終われば、それで終わりではない。
ここからどう踏ん張るかが、一番大事なところだと思っている。
一ついえるのは、今回のイベントを通して、みんなが自信を持ってくれたことだ。
そして、環境系団体とも信頼関係が築けたこと。

これからも、進む道と、周りの人を見て、進み続けようと思う。

(明日は番外編)
[PR]
by fujika0316 | 2006-06-07 06:04 | 手紙

<< 番外編      6時だよ。全員集合 >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧