空ノウタ


脳みそマッサージ

この週末は、大学で先生の研究プロジェクトの会議があったので、
お手伝いで行ってきました!!
朝10時から始まった会議、脳みそが刺激されまくりの一日だったよ

研究って何だろう?
教育って、何だろう?
これから、どこに向かっていきたいんだろう?
って、カオスの中にいる私にとって、沢山のヒントをもらったと共に、
自分を見つめなおすことのできた一日になったんだー

なんかね、去年一年間の中で、色んな変化があった
最初は、次に進んで、勉強したいっていう思いが強くって、
でも、次の課程を、どこで勉強するのか、何について研究するのか、
どこの研究科に行くのか、開発なのか、教育なのか?
それとも、働いて、実務経験を積むのか、
でも、働くと言っても、どの分野で働くのか。
日本の教育現場なのか、
発展途上国の現地に行ってその地域について、更に深めていくのか、
それとも、開発分野のステップなのか・・・。
でもね、「開発」って、実はトリッキーで、
トレンドとか、需要が常に変化しているだよね。 だから、
結局大事なのは、私でいえば「教育」における専門性を持つことのような気がして、
でも、教育の中で、何を専門とするのか、したいのかが、自分の中でまとまっていなくて・・

と、
沢山の選択肢があると同時に、
考えるほど、自分が中途半端に感じられて、、、
一つの進路を選ぶと言うことは、その時点では他のものができなくなる。
だからこそ、次のステップを「選ぶ」ことの重さに耐えられなかったし、
なんだか、時間が必要だったんだ。

そんな自分の気持ちがずっと、ごちゃごちゃしたまま整理できなくて、
勢いで進んじゃえっていう覚悟もなくて、
そんななかで、論文のことも含めて、時間が欲しかった。

そして、実家に帰ってきて、学校での仕事が始まって1ヶ月が過ぎて、
今の学校での生活にも慣れてきて、
その一方で、比較教育学会に関するアンケートの結果を見ている中で、
考えたり、悩んだりしていて、

その中で、この会議を通して色んな話しを聞きくことができて、本当に良かった。
夜の飲み会や、帰りの地下鉄で色んな話を聞きながら、
沢山の刺激を受けたよ。

その中でね、一番感じたことはね、
研究って、やっぱり楽しそうだっていうこと。
研究について、真剣に議論したり話している先生達の話を聞いていて、
何かを考え、追究していくことって、楽しそうだー って思った。単純に。
自分も何かに一生懸命になりたい

そして、同時に、「自分」を持つことの大切さを感じた
会議の中で、プロジェクトの中で「自分で気付いていなかった自分」
に気付いた様子を語られている先生の話を聞いていて、
「自分で気付いていなかった自分」に気付くためには、
「自分」という枠があることをなんとなく感じている必要があるんだと感じたんだ
その枠は、それまでの経験であり、研究してきたこと、仕事してきたこと、
考えてきたことの積み重ねで、ちょっとずつ出来てくるものなんだけど、、
その枠がね、大事なんじゃないかな。
もちろん、その枠は常に変化し続けるんだけど、
その枠はね、沢山模索して、勉強して、研究していくほど、
個性として輝いていく気がする

私はね、もっと、もっと、磨きたい。何かを
[PR]
by fujika0316 | 2010-05-11 20:25 | 近況

<< ついつい。      久しぶりに >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧