空ノウタ


一歩ずつ

さて、昨日の日記に書き忘れたことがあります。

ちょっと、クイズにしてみます。

グアテマラの空港で、手続きをしているときに、
ひとつ、アメリカでも、アジアでも、もちろん日本でも滅多にないことが起きました。
さて、それはなんでしょう??

って、抽象的過ぎるよね・・・
正解は、預けた荷物を受けとったあと、税関に向かう前に、
なんと、2人の職員が、荷物と空港で受け取るタグのナンバーをチェックするのです!!
全員、いったん止まって、お姉さんに二つのナンバーがあっていることを見せるのです。

さすがグアテマラ。間違い防止というよりも、盗難防止なのだろう。
私としては、そっちのほうが安心できるから続けてほしいって思うけど、
そんなのも、自然には保障されないことのほうが、なんだか寂しい。
確かに、昔、飛行機の中でポケットに入れていた財布を盗まれたと聞いたこともある。

そんなのを思い出しながら、ここはグアテマラだーー と思うのでした。

そして、いよいよ、2日目、11日金曜日です。行動開始です。
昨日10日に、それまでメールでアポをとっていた方々に電話で日程を確認しました。
その中のひとつがJICAの在外事務所訪問です。
駒ヶ根時代に職員をされていた方が、新しくボランティア調整員になられたということで、
日本で一回お会いして、ついにグアテマラでの再会です。
もちろん、事務所自体も本当に懐かしい!!
約束の時間は夕方だったので、午前中は家のお母さんとおばあちゃんと携帯を買いに行きました。

日本の携帯も使えるけれど、高いのはもちろんのこと、
街中で、一瞬でも時間チェックのためにバックから取り出したら、
狙われること間違いなしの、日本の携帯。 
腕時計が嫌いな私でさえ、電池を新しくして日本から持って来たくらい。

約3週間だけど、一つ2000円くらいで、使う分だけお金をチャージすればいいので
買うことにしました。
そのお店まで、団地を出て、ちょっと歩いて、10分くらい。
その間の緊張感と言ったら・・・。
顔が引きつっているのが、自分でもよくわかったよ。
昨日は、安全なうちの中で過ごしていたから、私、大丈夫!!とか思っていたけど、
やっぱり、身にしみついしまった、恐怖感って、
ちゃんと、その場に来るとフラッシュバックするんだなぁと思いました。
協力隊から帰ってきて、グアテマラで楽しい思い出もたくさんあったのに、
なぜか、あまり帰りたくない気持ちも同居していたこと、
また、タイやバンコクに行くときに感じていた恐怖感は、なんなんだーー
と思っていたけど、やっぱり、これは、グアテマラの危険度から来ているものでした。

そんなことをかんがえながら、てくてく歩き、何事もなく、お家に帰ってきました。
そして、グアテマラ風焼肉を食べ、1時半にお母さんの知り合いのタクシーに乗って出発。
JICA事務所は4時だったけど、その前に、飛び込みでUNDPの事務所へ
UNDPは、各国の事務所で人間開発報告書を出版しているんだけど、
この2005年版を隊員のときに偶然手に入れて、それが役立っていたので、
話を聞けないにしても、報告書がゲットできたらなーーくらいの気持ちで、行ってきました。
大きなビルに入り、エレベーターに乗って事務所の階へ。
受付のお姉ちゃんに、自分が何で来たのか、誰か、話ができる人はいないか??
と聞くと、
「もう、金曜日の午後だから、みんな帰ったよ。だから、また、月曜日に電話してね」
と、番号と名前をくれました。
そっか。金曜日のこの時間に来た私が間違っていた。と思いながら、
電話番号と名前をゲットしたから、いいや!! って開き直って、次の目的地へ

次の目的地は、本屋さんです。結構おしゃれで、カフェもあって、英語も本もあります☆
そこにたどり着くと・・・
なんと、もぬけの殻!!工事までしているではありませんか!!
わーお! とおもって、警備のおじちゃんに、本屋さんはどこにいったの??と聞くと、
道を3つ先に行って、右に曲がって、更に4区画分行った所に引っ越したよ。と。
そっか。よかった。無くなっていなくて!! と思って、言われた場所へ

なんと、そこには新しい商業施設ができていて、私たちが好きだったスパゲッティ屋さんも
引っ越してきているではありませんか!!!

そして、大きくなった本屋さんの中で、グアテマラの教育に関する本を探す。
スペイン語の本って、タイトルと著者の位置がばらばらだったりして、
探すのも、タイトルを読むのもめんどくさーい と思いながら、探す。
20分くらいずーーーと、探したあとに、ついに見つけました!! もう、ばっちりの本!!
その名も
La Educación en Guatemala, 1954 -2004, Enfoque Histórico Estadistico
という、1954年から2004年の歴史と統計に焦点を当てたグアテマラの本です。
何千冊とありそうな本の中から、やっと見つけた、たった一冊の本。
目次を見ると、私の知りたかった内容が、ちゃーーんと、書いてあるではないですか!!!
もう、本当に宝物を見つけた気分で、運命感じてキスしそうになりました(笑)

その後は、もう、幸せを感じながら、ちょうど時間になったので事務所へ。
顔が日本人なので、ビルの入り口のセキュリティーは無事にパスして中へ

調整員の方に挨拶をして、いろいろ安全面のお話をしていると、
もう一人の方が来て、紙の束を渡してくれました。
ん?? と思ってみると、JICAグアテマラ20周年を記念して、日本に研修に行った方々が作ったしおりに私が写っているではあーりませんか!!
たぶん、どこかの日本文化交流会で浴衣を着ていけばなをしているときの写真です!!
確かに日本人っぽかったのが、きっと受けたのでしょう。
私を見た現地スタッフの方がぴんときて、あまりを何枚かくれたのです!!
ちょっと、申し訳ない気持ちと、素直にうれしい気持ちと両方ありました。

そして、お話が終わった後に、懐かしい運転手さんやスタッフの方と話していると、
なんと、
21日に会う約束を昨日電話でした、教育省の方がいらっしゃるではありませんか!!
覚えてくださっていて、ちゃんと、二言語教育の担当者とも
話をつけておいたから!! って言って下さいました!!! わーーーん
なんてありがたい!!!
これから1週間でしっかり準備して、21日を迎えようと決意しました!!!

そして、その後隊員報告書を読みに別の部屋に行くと、一人の隊員さんが!!
何気ないところから、話していると、なんと、私がいた場所の隊員さんでした!!!
私の事務所には、環境教育と算数プロジェクトの隊員が配属されていて、
算プロのほうに後任の方が来ているか確認していなかったのですが、彼女がそうでした!!
ソロラ話や、事務所の話で盛り上がり、また、ソロラで会うことに。
彼女は現場の小学校も回っているので、もしかしたらついていけるかもしれません!!

そして、もう一つうれしかったニュースは、
教育省事務所の、教育開発局と、二言語教育が一緒になったユニットの長が、変わっていなくて、しかも、いい人だったことでした!!
この2年間で政権も変わったから、人事が全部変わっていたらどうしようって、
ちょっと不安だったんだけど、彼の名前を聞いて安心しました。
この、人間関係は、何よりも大事なのです!!

そんないいことがたくさんあって、その後、タクシーのおじちゃんが、
他にも客を乗せるといって、1時間くらい無駄な走りをしたとしても、
まぁ、いいや、って思ったのでした。
こうして、とにかく、一歩、一歩、進みながら、後3週間がんばろうと思います☆

明日、日曜日は、いよいよバスに乗って任地へ行きます!!
無事に住む場所が見つかりますように☆
[PR]
by fujika0316 | 2009-09-15 03:49 | グアテマラ

<< 9月13日      たくさんの偶然と優しさと (2) >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧