空ノウタ


教育と教師

「教育」が大事だ!! といっても、「教育」自体の概念はとても大きく抽象的だと思う。

一般的に、「教育」といわれると、「学校教育」が思われることが多い
実際、今国際社会で進められている「Education For All」 (万人に教育を)でも、
結局語られている部分としては、
小学校や中等教育への就学率、大学等の高等教育機関への進学率等々
「学校」について、語られる部分は多い。

ま、私自身、その、「教育=学校」という考え方自体に、とっても疑問があるんだけど、
それは、ここではおいておくとして、、、

その、「学校教育」について語られるとき、その主役はなんと言っても教師である。
もちろん、生徒や児童同士で触発しあっていることもたくさんあるんだけど、
「人生の先輩」として、「学問を修めた先輩」として、教育を行っているのは、教師である。

たとえ、発展途上国のように、学校という施設が整っていなくても、
教科書が全員に行き渡っていなくても、一クラスに、60人も生徒が集まっていても、
一人の「教師」がいれば、教育は行われる。

             とは、限らないのが現状です。

教師自身が、学校をサボったり、学習内容を理解していなかったり、
休み時間から戻らなかったり、体罰をしちゃったり、生徒を差別したり、、、、
そこには、まだまだ、鬱積する課題が沢山。
でも、だからこそ、「どのような研修を行ったら、教師たちが伸びていくのだろうか??」 
にも、私の関心はあるのですが・・・。

ということで、教育学部の図書館から「教員文化の社会学的研究」って本を借りてみました。

この研究の目的は、教員たちの世界の背後にあって、教員たちの行動パターンに影響を与えている「教員文化」があるのではないか、として、その内容を明らかにしようとしています。

この「教員文化」という考え方自体が、抽象的で難しいのですが、、、、

その中で、私の中で、びっくりするようなフレーズがありました。
このインターネット上に、それを引用することはできないけれど、大体をまとめると

教師は、
学校又は教室の中で、ディシプリン(しつけ・訓練)を効果的に行うことを求められている。

それは、なぜかというと、

子ども達は、必ずしも学習を好んでいなく、その好まないことを学校の中で指導するためには
教員の特別の権威を使うこと、子どもたちを統制することは避けられない 

だそうです。

この文章を読んで、どう思いますか??

この文章の背景には、ひとつの仮定というか、その人の考え方・価値観が存在しています。
それが、私には、まったく同感できないのです。

それは、「子どもたちは必ずしも学習を好んでいない」ということです。
この、「必ずしも」っていう言葉で全否定は避けられているものの、
本当に、全員の子どもは、学習を好んでいないのでしょうか??

「学習を好まない子ども」 がいた場合、その原因は、どこにあるのでしょうか??

それは、もうすでに、小学校に上がることには形成されているのかもしれませんが・・・
その辺を、もっと突き詰めたいなぁと思う、と同時に、
このテーマは、たぶん、修士論文等々でやるのではなく、もっと長い目で見て、実践的に見てみたいなぁとも思うのです。

あ、なんだかまとまらなかった。
明日も一日ガンバローー
[PR]
by fujika0316 | 2009-03-30 22:36 | ひとりごと

<< 逆適応      日本に帰ってきて感じたこと >>

世界一美しいといわれているアティトラン湖を擁する、グアテマラのソロラ県で環境教育の活動をしています。思ったことを、素直に・・・
by fujika0316
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
以前のブログ
2006年5月に、ネット接続上の都合により、以前のブログから引越してきました☆
以前のブログは、「Pu-ga」

http://white.ap.teacup.com/fujika0316/

駒ヶ根訓練所での訓練の様子からかいているので、時間があったら、遊びに行ってやってくださいな!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧